VAMPS LIVE 2012 – ZEPP TOKYO [2012.09.13]

[DAY 2 – 2012.09.13]

 

ZEPP TOKYO2日目です。

この日のK.A.Zは
スケボーで会場入り。
すい~っと、気持ちよさそうに会場に到着です。

 

ZEPP TOKYO, day 2.

 

K.A.Z entered the venue today on [his] skateboard.

[He] arrived at the venue in good spirits.

 

 

……と思ったら、
再び楽屋裏の駐車場でスケボーです(笑)。
怪我をしないように
腕のプロテクターは必須です。

 

……I thought,

Again, [he] is skateboarding in the parking lot backstage. (*Laughs*)

To avoid injury,

[Wearing] an arm protector is required.

 

 

 

 

そして楽屋には……ツタンカーメンが!
と思ったら、HYDEでした(笑)。

 

Tutankhamun is in the dressing room!

I thought [it] was [supposed to be] HYDE. (*Laughs*)

 

(NOTE: “Tutankhamu” is “King Tut,” he is referencing the mask HYDE is wearing.)

 

 

 

ちなみにこの日は、この先に控えている5daysに向け、
HYDEとK.A.Zはにんにく注射を打ちに行きました。

さて、この日の「HUNTING」では
HYDEが2階席に登場。
1階席にピックを投げたり、水を吹きかけたり、
フロア後ろのファンも大喜び。
もちろん間近で見られる2階席のファンは大興奮でした。

 

By the way, for these upcoming 5 days,

HYDE and K.A.Z beat the garlic injection.

 

During “HUNTING” on this day,

HYDE appeared on the second floor.

[He] threw picks to the seats on the first floor and sprayed water to the delight of the fans on the first floor.

Fans on the second floor were excited to watch the excitement up close, of course.

 

 

そして、この日から「TROUBLE」では
レーザーで映しだされた“VAMPS”の文字が
ステージを暴れ回るという演出が!
さらにパーティー感UPで盛り上がりました。

 

Then during “TROUBLE” on this day,

The words “VAMPS” were generated by lasers and flashed around on stage,

Further increasing the excitement of the live.

 

 

ライヴ直後の楽屋です。
楽屋ではみんなでがっちりと握手をして
本日もアツいライヴは終了となりました。

 

In the dressing room immediately after the live.

Everyone shook hands firmly with another, ending a hot live.

 

 

Advertisements

VAMPS LIVE 2012 – ZEPP TOKYO [2012.09.12]

[DAY 1 – 2012.09.12]

戻ってきました、東京。

ZEPP TOKYO 初日です。

久しぶりのZEPP TOKYOですが、

VAMPSにとっては、すっかりホームグラウンド。

「帰ってきたな~」という気分になりますね。

楽屋では早速ギターを弾くHYDE。

[We] came back [to] Tokyo.

[Today] is the first day [of] ZEPP TOKYO.

It [has] been a while [since the last] ZEPP TOKYO [lives],

For VAMPS, the feeling of [returning to] [their] home ground is

“[We’re] back home ~” returned.

HYDE immediately played the guitar in the dressing room.

セットリストを見ながら、

今日のライヴを思い描いているようです。

リハーサルは初日とあって

音について念入りにスタッフと打ち合わせながら

進めていきます。

While looking at the setlist [for today],

He looks dreamy [and] imaginative.

The first day of rehearsal [entailed] arranging the sound with

the staff.

この日は特にスネアの音が違って聞こえたようで

何度も叩いては微調整を繰り返していました。

楽屋に戻ると、真剣な表情も一変。

本日も楽屋は和やかムードです。

この日は、K.A.Zお気に入りのスニーカーの紐を

蛍光グリーンに付け替えたようで

嬉しそうなK.A.Zでした。

It seemed as though the sound of the snare [drum] is

different, especially on this day.

It was beat repeatedly [in order to] fine-tune [it].

When [they] returned to the dressing room, serious expressions

[were] transformed.

[The vibe] in the dressing room is relaxed.

On this day, K.A.Z put fluorescent green strings on his favorite

sneakers.

K.A.Z was happy about [it].

そして本日から、JINさんの衣装が秋仕様になり、

スーツになりました!

Today, JIN’s costume is a suit [for] fall!

ということで、HYDE自ら

胸に「XIII」と描いています。

さらにこのあと、髪もセットしてあげていました。

そして、本番直前。

ストレッチで気合を入れます!

HYDE personally wrote “XIII” on [JIN’s] chest.

After this, [HYDE] will [style] his hair.

Then, just before [the] production,

[He] stretched to get psyched up!

東京初日の1曲目は「KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-」。

「VAMPS参上! 首洗ってきた?

今日からしばらく可愛がってあげるから、

全部さらけ出して。一緒に行こうぜ!」

というHYDEの声で、ZEPP TOKYOスタートです

The first song on the first day of Tokyo [is] “KYUKETSU-SATSUGAI VAMPS Ver.-”

“Calling on VAMPS! Have you washed your necks? I’ll cherish today, I will reveal all. Let’s go together!”

HYDE’s words that [marked the] start of ZEPP TOKYO.