VAMPS LIVE 2012 – ZEPP TOKYO [2012.09.12]

[DAY 1 – 2012.09.12]

戻ってきました、東京。

ZEPP TOKYO 初日です。

久しぶりのZEPP TOKYOですが、

VAMPSにとっては、すっかりホームグラウンド。

「帰ってきたな~」という気分になりますね。

楽屋では早速ギターを弾くHYDE。

[We] came back [to] Tokyo.

[Today] is the first day [of] ZEPP TOKYO.

It [has] been a while [since the last] ZEPP TOKYO [lives],

For VAMPS, the feeling of [returning to] [their] home ground is

“[We’re] back home ~” returned.

HYDE immediately played the guitar in the dressing room.

セットリストを見ながら、

今日のライヴを思い描いているようです。

リハーサルは初日とあって

音について念入りにスタッフと打ち合わせながら

進めていきます。

While looking at the setlist [for today],

He looks dreamy [and] imaginative.

The first day of rehearsal [entailed] arranging the sound with

the staff.

この日は特にスネアの音が違って聞こえたようで

何度も叩いては微調整を繰り返していました。

楽屋に戻ると、真剣な表情も一変。

本日も楽屋は和やかムードです。

この日は、K.A.Zお気に入りのスニーカーの紐を

蛍光グリーンに付け替えたようで

嬉しそうなK.A.Zでした。

It seemed as though the sound of the snare [drum] is

different, especially on this day.

It was beat repeatedly [in order to] fine-tune [it].

When [they] returned to the dressing room, serious expressions

[were] transformed.

[The vibe] in the dressing room is relaxed.

On this day, K.A.Z put fluorescent green strings on his favorite

sneakers.

K.A.Z was happy about [it].

そして本日から、JINさんの衣装が秋仕様になり、

スーツになりました!

Today, JIN’s costume is a suit [for] fall!

ということで、HYDE自ら

胸に「XIII」と描いています。

さらにこのあと、髪もセットしてあげていました。

そして、本番直前。

ストレッチで気合を入れます!

HYDE personally wrote “XIII” on [JIN’s] chest.

After this, [HYDE] will [style] his hair.

Then, just before [the] production,

[He] stretched to get psyched up!

東京初日の1曲目は「KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-」。

「VAMPS参上! 首洗ってきた?

今日からしばらく可愛がってあげるから、

全部さらけ出して。一緒に行こうぜ!」

というHYDEの声で、ZEPP TOKYOスタートです

The first song on the first day of Tokyo [is] “KYUKETSU-SATSUGAI VAMPS Ver.-”

“Calling on VAMPS! Have you washed your necks? I’ll cherish today, I will reveal all. Let’s go together!”

HYDE’s words that [marked the] start of ZEPP TOKYO.

Advertisements