VAMPS LIVE 2013 – 07.10 ZEPP NAGOYA – Day 1

Change of [venue], it is now ZEPP NAGOYA – day 1

Upon leaving Tokyo, [I] still am left with an impression.
A trip is finally beginning, huh.

Well, it goes without saying now.
Hot! No, it’s [super] hot!
Well, all of Japan is hot anyway, [but] Nagoya is [especially] hot! no, [super] hot!
[It’s] over 36 degrees Celsius!
It is already over the temperature! (Wheeze)

And although the heat is intense, [I] am excited for the ZEPP NAGOYA live.
The day before the ZEPP NAGOYA live, in the Nagoya Arsenal Kanayama, a public broadcasting was made. (This is the Nagoya Kanayama Arsenal: http://www.asunal.jp/page )
0710_01
In the scorching sun, 4,500 fans showed up.
They talked about the story behind the new song, the enthusiasm jumping out at [them].
While saying this, [I am] already weary [due to] this heat.

First day of the live.
Getting out of the car in front of ZEPP NAGOYA are HYDE and K.A.Z, who walked on foot from the car to the entrance. (Ju-ken and JIN entered the venue later)

Yes, out in front the tour truck is parked near the stage door, dun, dun dun, it’s VAMPS!
0710_02
[The] design on the tour truck this year was HYDE’s idea – but it is cool.

Here, HYDE’s pointing to JIN.
0710_03
[We] secretly peeked [inside]. (Laughs)
In fact, the SWAT costume was so good and [I] was challenged to take a perfect shot, [but] I only got a shot of his eye.
Sorry, JIN.

Well, since it’s the first day, rehearsal was done carefully.
Just before the live, HYDE styled JIN’s hair.
0710_04
Just before the live, K.A.Z [gets a little] carried away with the BGM (*BGM = background music) which increases the tension, [and] soon it becomes a public performance from the dressing room.
It is finally the first day of ZEPP NAGOYA.
This venue is indeed familiar.
[There is] an air of calm like [you] are already at home.*

(*Note: The author means that the venue is so familiar that it’s almost like being at home.)
0710_05
The [live] on the first day of ZEPP NAGOYA finally started!
The lighting has also evolved since ZEPP DIVERCITY TOKYO, a more gorgeous and fascinating stage of power and depth [has emerged].

So, during the first day of the Nagoya live, the heat outside did not compare to the heat inside.
Yes, that’s all from me today.

0710_06
————————————

Original Text:
所変わって、ZEPP NAGOYA 1日目です。

やはり東京を離れると、ツアーって感じがしますねー。
いよいよ旅が始まりますねー。

なんてことを言っている場合ではありません。
熱い!…いや、暑い!
日本全国暑いんでしょうが、とにかく名古屋が熱い!…いや、暑い!
36℃ってなんですかー!
もはや体温じゃないですかー!(ゼーゼー)

と、ついつい興奮してしまいましたが、
そんな猛暑の中、ZEPP NAGOYAライヴの前日に、
名古屋・アスナル金山で、ラジオの公開録音が行われました。

[pic 1]
炎天下の中、集まってくれたのは4,500人のファンのみなさん。
新曲の話など、ここだけの話もたくさん飛び出し、
暑さも吹き飛ばすほどの熱気でありました。
と言いつつも、やっぱりこの暑さにもうグッタリです。

そして、ライヴ初日。
ZEPP NAGOYAの手前から車を降りて、
歩いて会場入りしたHYDEとK.A.Zとアーリー。
(Ju-kenさんとJINさんは当日入りだったため、のちほど会場入り)
楽屋口にどどどーんと停められているツアートラックの前で、
はい、VAMPS!
[pic 2]
で、これが今年のツアートラック。
HYDEのアイデアがふんだんに込められたデザイン、
カッコいいですよね〜。

で、HYDEが指さしているのは、JINさん。
[pic 3]
こっそりと覗いております(笑)。
じつは、ばっちりSWATの衣装を決め込んで撮影に挑んだのですが…
目しか写っていません。
JINさん…あしからず。

さて、この日は初日とあって、
かなり念入りに行われたリハーサル。
からの、本番前に、JINさんの髪型をちょいちょいと手直しするHYDE。
[pic 4]
そしてライヴ直前。
テンションが上がるBGMをK.A.Zが流し始めると、
いよいよ本番だな、という空気が楽屋に広がります。
いよいよZEPP NAGOYA初日ですね。
ではありますが、さすがに慣れ親しんだこの会場。
1日目からすでに我が家のように落ち着いた空気なのです。
[pic 5]
で、いよいよ名古屋初日がスタート!
ZEPP DIVERCITY TOKYOから照明もさらに進化し、
より華やかで、より深みと迫力を増したステージに目を奪われます。

ということで、名古屋初日のライヴは、
外の暑さにも負けない熱さで、盛り上がったのでありました。
はい、本日もおあとがよろしいようで。
[pic 6]

Advertisements