VAMPS LIVE 2013 – 07.16 ZEPP NAGOYA – Day 5

ZEPP NAGOYA – Day 5

Like the 7 days of ZEPP DIVERCITY TOKYO,
The 5 days of ZEPP NAGOYA have gone by even faster!

In Nagoya [they] entered the venue with scooters,
[So] all the BLOODSUCKERS waiting outside the venue could take pictures [and] with the hopes of meeting/being near the members.
The climax was again different from the other venues.
Nagoya was really hot! And it was hot…*

With that said, the five of them together on the last day, say cheese!

*The author is speaking in terms of the weather.

 

0716_01

 

Although this is the last day,
The atmosphere in the dressing room is pretty relaxed, everyone dressing at their own pace.
Even though it was the last day, the focus of the rehearsal was reworking some things and fine-tuning the details in order to play better.

With that said, time went by too fast and an hour before the live, HYDE was in front of the mirror.
It seems as though he was having trouble with his costume.
Because it is the last day, [HYDE] is pained more than usual.
[He] wants to look amazing.
[He] is glaring at himself in the mirror.

 

0716_02

 

On the last day of the ZEPP NAGOYA live,
HYDE said,
“Let’s fully enjoy ourselves until the end!”
The floor burst with enthusiastic cheers!

 

0716_03

 

And then an incident happened during “ANGEL TRIP.”
HYDE said, “Let’s get away from the party? Just the two of us.”
After those words, JIN, who is always throwing towels,
Tried to throw a towel onto the back of Ju-ken’s neck.
This time, though, JIN threw the towel too high and it landed right on one of the LED bars!
The expression on JIN’s face…
“Ah! What to do. The Stage Director is going to be angry if he sees it after the live….”
[JIN’s] face looked so pale.

 

0716_04

 

However, because there wasn’t a person who didn’t notice “the pale face of JIN on the last day,” the room roared with laughter!

And shaking hands at the end of the live.
“It was a good live today!”
And shaking hands.
And shaking hands with K.A.Z…

 

0716_05

 

Even though the live is over, K.A.Z didn’t have any!
….Who cares if the live is over!

 

0716_06

 

Although it isn’t before the live, K.A.Z had said, “I got hungry…”
While returing from the stage to the dressing room, [K.A.Z] put together a hot plate of pasta!
K.A.Z is a bohemian, even today!

 

———————————–

Original Text:
ZEPP NAGOYA 5日目です。

ZEPP DIVERCITY TOKYOの7daysも
あっという間でしたが、
ZEPP NAGOYAの5daysは、もっと早かった!

しかーし!
名古屋では、キックボードで会場入りしたり、
プリクラを撮ったり、
毎日会場の外で待ってくれているBLOODSUCKERSのみなさんに
近くで会えたりと、
他の会場とはまた違った盛り上がりでしたね。
ホントに名古屋は熱かった! そして、暑かった…。

ということで、最終日は5人揃って、はい、チーズ!

 

[pic 1]

 

最終日ではありますが、
楽屋の雰囲気はやっぱりいつもと一緒。
各々に自分のペースで時間を使い、
リハーサルは最終日であっても、まだまだ良い演奏にするため、
細かに手直ししたり、微調整をしたり。

ということで、これまたいつものように
時間はあっという間に過ぎてしまい、本番1時間前。
HYDEが鏡の前から離れません。
どうやら衣装で悩んでいるようです。
最終日ですから、いつも以上に悩んでいます。
すごい顔して悩んでいます。
もはや睨んでいます。

 

[pic 2]

 

で、ZEPP NAGOYA最終日!
HYDEの
「最後にいっぱい楽しもうぜー!」
という声を合図にフロアは大歓声からの大熱狂!

 

[pic 3]

 

そして、事件は「ANGEL TRIP」で起こったのです。
HYDEのキメ台詞である
「パーティーを抜け出さへんか? 二人きりで」
の言葉のあとの「フーーーッ!」で、
いつもタオルをポーンと放り投げているJINさん。
そのタオルは、真上に上がったり、
時にはアーリーのスネアの上に落ちて睨まれたり、
Ju-kenさんのネックの上に落ちて、ぽいっと放り投げられたりするのですが、
なんとこの日、今までにないほどの高さまで飛んだJINさんのタオルは
ステージの天井から吊り下がっている
今回の演出の最大の見せ所であるLEDバーに
引っかかったではありませんか!
この時のJINさんの表情といったら…。
はい、みなさんのご想像通り、
「あ! どーしよー。怒られちゃう…。ライヴ終わったら舞台監督に怒られちゃう…」
と、真っ青な顔で引きつっていた(ように見えた)のでありました。

 

[pic 4]

 

とはいえ、この“JINさん最終日に真っ青事件”に気づいた人は
ほぼいなかったため、
ここで声を大にしてバラさせていただきましたー!

そして、本番終了後は楽屋で握手。
「今日もいいライヴだったね!」
と、握手。
そして、K.A.Zと握手…。

 

[pic 5]

 

と思ったら、K.A.Zがいませーん!
…って、何してるんですかー!!

 

[pic 6]
本番前、「お腹すいちゃったな〜」と言っていたK.A.Zではありますが、
まさか、ステージから楽屋に帰る道すがら、
ホットミールの“あんかけパスタ”をお皿に入れて戻ってくるとは!
K.A.Z、本日も自由奔放でーす!

Advertisements