VAMPS LIVE 2013 – 09.05 ZEPP TOKYO – Day 2

Today is the second day of ZEPP TOKYO.

Although it is the second day, [we] are so used to ZEPP TOKYO that the mood in the dressing room is complete relaxation, just like [being] home.

In no time, sound check begins.
Everyday, the stage director comes to the dressing room to discuss what order the songs should be played, or whether or not a certain song should be played.
While looking at the setlist for that day, [HYDE] discusses with the members which songs they want to play.

0905_01

The new song was debuted last night at the “VAMPADDICT ONLY” live.
Since it is on the setlist for today, of course,
It needs to be played during rehearsal.
However, because it is a new song and still unfamiliar, it was rehearsed over and over.
HYDE listened to it from the [audience] floor, making minor corrections.

0905_02

Rehearsal is completed and before the live, the members style their hair, change [into] their costumes.
Suddenly, [I] noticed Ju-ken creating a body tattoo on JIN’s pure white arm with a permanent marker.
This isn’t a tattoo anymore. (*Laughs*)
This is just graffiti. (*Laughs*)

0905_03
JIN woke up to this tattoo, [and] it can’t be called a tattoo of wisdom.
In that case, “Barber Ari” is open.
Today, K.A.Z is the guest and since [it’s difficult] to style the back of the head,
Ari spiked his hair and set it.
Although, Ari could not style hair properly a few years ago, he has become quite good in recent years.
Not to mention is performance has also improved.

0905_04

So, it’s finally time for the live.
The facial expressions gradually become more [serious].

0905_05

Like the previous night, today is also a VAMPADDICT ONLY live.
With that said, K.A.Z sang “アイドルの歌”*
While Ju-ken told a story about when he was a child and would ride his bike, such a topic of self-restraint.
The MC during the live was a bit longer than usual.
The air at home [here in] ZEPP TOKYO was tremendous today.
So to cool down the fans, [HYDE squirted] everyone with a water gun!

*NOTE: This is the song K.A.Z sang (I think?): http://www.youtube.com/watch?v=eQe8Xpb7Yjw

0905_06
————————–

Original Text:
ZEPP TOKYO 2日目です。

まだ2日目ではありますが、
やはり通い慣れたZEPP TOKYO。
楽屋はすっかり我が家のようなくつろぎモードです。

サウンドチェックが始まる頃、
楽屋には毎日、舞台監督がやって来ます。
これは、リハーサルでどの曲を演奏するかを決めるため。
その日のセットリストを見ながら、
何を合わせたいか、バンドメンバー全員に聞いていきます。

[pic 1]

昨夜の“VAMPADDICT ONLY”ライヴで初披露となった新曲。
本日もセットリストに入っているため、
当然、リハーサルでも演奏することに。
しかし、やはりまだ慣れていない新曲のため、
リハーサルでは何度も演奏し、
HYDEはフロアに降りて演奏を聴いては、
細かに修正していきます。

[pic 2]

念入りに行われたリハーサルが終わると、
メンバーは本番に向けて
髪型を整えたり、衣装を着替えたり。
ふと見ると、全身タトゥーのJu-kenさんが
全身真っ白のJINさんの腕に
なにやらタトゥーを描いてあげています。
油性マジックで描いています。
もはやタトゥーではありません(笑)。
ただのラクガキです(笑)。

[pic 3]

これですっかりタトゥーに目覚め、
JINさんは般若のタトゥーを入れることに……
なったりは、決してしませんね。

その横では、「バーバー・アーリー」がオープンです。
本日のお客さんはK.A.Zです。
後頭部のセットがなかなか上手くできないため、
アーリーがセットしてあげています。
数年前までは髪のセットなどまったくできなかったアーリーですが、
この数年ですっかり上手になりました。
演奏はもちろん、こんな技術もアップしています。

[pic 4]

ということで、いよいよ本番です。
表情がだんだん締まってくるのがわかります。

[pic 5]

昨夜に続き、本日も“VAMPADDICT ONLY”ライヴ。
ということで、K.A.Zがアイドルの歌を歌いながら
自転車に乗っていた小学生の頃の話や
Ju-kenさんのピーーーーーーー(自粛)な話など、
いつものライヴよりMC長めで
なんともアットホームな空気が流れつつも、
本日もすさまじく盛り上がったZEPP TOKYO。
ということで、熱いフロアには水鉄砲でクールダウンでーす!

[pic 6]

Advertisements