VAMPS LIVE 2013 – 10.01 PARIS

Paris.
This is the second date of the European tour.

At the entrance of [the] OLMPIA venue in Paris, there is a big neon sign that says, “VAMPS!”
[Then they] arrive at the venue and the excitement goes up!

1001_01

Well, the dressing room at OLYMPIA is very fashionable!
HYDE looks in the mirror as well as [a picture] is taken.

1001_02

In addition, Ms. オネエ cooked the delicious hot meal where there is a bar and sensual poster set up in the back yard. It’s a really nice space, every nook and corner evoking a “rock” feel.
Big artists [have performed here] in this well-established live house.

In the area with the sensual poster, K.A.Z was asked to sign a guitar that will be used to decorate the bar.

1001_03

However! There is a trap to cover the metal fittings near the portion of the neck that is autographed. These metal fittings hidden inside are to support the guitar!
If you plan to visit here, please take a careful look at the decorated walls of the bar.

With that said, K.A.Z suddenly dropped the trap in the wrap-around bar where the sensual poster was set up and was bummed [out about it], but [other than that], the rehearsal went peacefully today.
And yet, delicate, sometimes boldly.
Yes, it’s a little exaggerated.

1001_04

Well, from bouquets of roses arrived from the BLOODSUCKERS like how they always do in Japan.
All the Paris BLOODSUCKERS brought a lot of roses.
HYDE blew a kiss today and threw rose petals!
Hey, throw some to me!
1001_05

Yes. With that said, there was a rampage of excitement from those that surrounded the stage to the second floor seats.
Paris’ performance was raised with excitment.
At the end of the live, HYDE danced and threw rose petals.
The night in Paris is romantic and so the curtain closed.

Now, Berlin you’re next!

1001_06
————————————

Original Text:
パリです。
ヨーロッパ・ツアー2ヵ所目です。

パリの会場となるOLYMPIAの入り口には
こんな大きな“VAMPS”のネオン看板が!
会場に到着するなり
テンションが上がりまーす!

 

[pic 1]

 

さて、ここOLYMPIAの楽屋は
とってもオシャレ!
鏡を見るHYDEも、こんなに絵になりまーす。

 

[pic 2]

 

さらに、ロックなオネエさんが美味しいホットミールを
作ってくれていたり、
バックヤードの中に官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarがあったりと、
隅から隅まで本当にロックな空間となっております。
さすがビッグ・アーティストがこぞって出演する
老舗ライヴハウスです。

で、その官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarのイカしたマスターにサインを頼まれ、
飾ってあったギターにサインをするK.A.Z。

 

[pic 3]

 

しかーし! このギターを壁に飾ると、
ちょうどサインが書かれているネックの部分が
ギターを支える金具に隠れてしまうという罠が!
ここでライヴをする予定のみなさん、
Barの壁に飾ってあるギターを見つけたら、
そっとずらして見てみてくださいね。

ということで、官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarの罠に
がっくりと肩を落としていたK.A.Zではありますが、
リハーサルは本日も真剣に、且つ、和やかに。
それでいて繊細で、時には大胆に。
はい、ちょっと大袈裟ですね。
[pic 4]

 

さて、日本ではいつもBLOODSUCKERSのみなさんから
届いていたバラの花束。
なんと、ここパリでも、
パリBLOODSUCKERSのみなさんから
バラがたくさん届きました。
本日もHYDEは投げキッスとともに
バラの花びらを投げてくれるのかしらー!
投げてくれますよねー!

 

[pic 5]

 

はい。ということで、
2階席にぐるりと囲まれたような客席から
暴れて落ちるんじゃないかと思うくらい
盛り上がったパリ公演。
ライヴ終わりには、HYDEが投げたバラの花びらが舞い、
ロマンチックにパリの夜は
幕を閉じたのでありました。

さあ、お次はベルリンに乗り込むぞっ!

[pic 6]

Advertisements