VAMPS LIVE 2013 – 10.03 BERLIN

Berlin.
The third day of the European tour has come in a blink of an eye.

Morning of the day of the live, HYDE and K.A.Z decided to visit the Berlin Wall.
Before performing, [they] wanted to visit the country.
While the cold wind blows, the two stare quietly at the wall.

And then it’s off to the venue KESSELHAUS that consists of concrete floor and brick, not a usual atmosphere for a live house.
[They] settle down in the dressing room and it’s much too calm, [and they almost] doze off.
1003_01
Therefore, don’t fall asleep!
Now, rehearsal, yo!

During rehearsal and since the start of the tour in Germany, HYDE became sick.
His condition appears to be bad as his throat is sore and it’s difficult to talk.
Usually, in cases like this it’s not that bad, but it is very worrisome since HYDE can barely speak.
1003_02
However.
In order to stay healthy and enliven the spirit, [HYDE] will fortify himself with a meal!
The hot meal [today] is a delicious dish of Central Europe!
Cuisine, townscape, character, are all comfortable for a Japanese person in Germany.*
[The] personality of German people are shy and gentle, which is similar to that of English and Japanese people, so it was easy to [feel comfortable] in the city.

*NOTE: The author is basically saying that the vibe and the people of Germany makes it easy for a Japanese person to feel comfortable.
1003_03
And from all the BLOODSUCKERS in Berlin comes various presents in the dressing room.
Inside [this box] is a nice cake!
Love is jam-packed.
1003_04
The live today [began] and although HYDE’s voice was not in normal condition, Berlin BLOODSUCKERS had enjoyed the live [in their] own way and it was an impressive live to feel the oneness of the venue and [the people].

 

1003_05
With that said, the night ended with great enthusiasm in Berlin!

However, VAMPS will be hit with unforseen circumstances in London.
Really, will this be the end of the European tour?

Now, London you’re next!

 

1003_06
———————————-
Original Text:

ベルリンです。
ヨーロッパ・ツアー3ヵ所目です。

ライヴ当日の朝、
HYDEとK.A.Zは、ベルリンの壁を見に行くことに。
やはりライヴで演奏する前に
この国のことを少しでも感じておきたいのでしょうか。
冷たい風が吹く中、
静かにゆっくりと壁を見つめるふたりでありました。

そして、そのまま会場へ。
ここKESSELHAUSの会場は
レンガ造りでフロアはコンクリート打ちっぱなしという、
なんとも雰囲気のあるライヴハウス。
楽屋にいると、なんだか落ち着きます。
落ち着きすぎて、ついうとうとしちゃいます。

 

[pic 1]
って、うとうとしている場合ではありませーん!
さあ、リハーサルですよー!

さて、リハーサルではありますが、
ドイツに入ってから、体調を崩していたHYDE。
喉の調子が悪く、声が出にくいようで、
歌う姿はかなりつらそうな様子。
普段、喉が強く、あまり声が出ないことがないので
その姿を見ているだけで、とても心配になります。

 

[pic 2]

 

しかーし。
ここはひとつ元気を出さねばと、リハーサル後は腹ごしらえ!
ホットミールには中欧の料理が並んでいたのですが、
これが美味しいのなんのって!
料理も◎、街並みも◎、人柄も◎、と、
ドイツはとにかくすべてが日本人には快適なものばかり。
はにかみ屋で優しいドイツ人の人柄は
どこか日本人にも似ていて、
とても過ごしやすい街でありました。

 

[pic 3]

 

そして、楽屋にはベルリンBLOODSUCKERSのみなさんから
色々なプレゼントが届きます。
中には、こんなステキなケーキも!
愛情が詰まっておりまーす。

 

[pic 4]

 

さて、この日のライヴ。
HYDEの喉は本調子ではなかったものの、
ベルリンBLOODSUCKERSが
思い思いに楽しんでくれていたのがなんとも印象的で
会場の一体感を感じるライヴとなりました。

 

[pic 5]
ということで、ベルリンも大熱狂の夜となりましたー!

が、しかーし。
ロンドンでは予期せぬ事態に襲われることとなったVAMPS御一行様。
果たして、ヨーロッパ・ツアーの結末は!?

さあ、お次はロンドンに乗り込むぞっ!

 
[pic 6]

Advertisements