VAMPS LIVE XIV – XV | 11.21.2014 ZEPP SAPPORO

11.21.2014 – “ZEPP SAPPORO, Day 1”

It’s the first day of ZEPP SAPPORO.
“VAMPS LIVE 2014-2015” has already been in three places.
Fukuoka, followed by Nagoya, and then to the north in Hokkaido.
“Hokkaido is huge!”
With that said, everyone, come with us…
Oh!
That’s true!
Here is ZEPP SAPPORO
Yes, all the BLOODSUCKERS waiting already know.
Here at ZEPP SAPPORO, the people waiting outside can’t be loud in order to not inconvenience the people living in the neighborhood.
With that said, signs saying “I love HYDE and KAZ” appear in front of the quiet, waving fans.
They can convey their feelings with a smile.
Indeed, HYDE is S.
Oh, that’s no relationship.

20141121-01

Everyone has become accustomed to the silent waiting, so instead of shouting, their message is firm in their hearts.

Yes, K.A.Z “Good morning,” too.
“Kiyaaaaaa~!” is the feeling they want to cry, but the message is conveyed with a smile.*

*NOTE: “Kiyaaaa~!” is the term to convey an excited scream or exclamation, much like “Ahhhh~!” is in English.

 

20141121-02

It’s so cold in Sapporo.
Though the snow isn’t yet piled up, HYDE is a little remorseful.
Everyone waiting outside, please take care of yourselves and don’t catch a cold.
The dressing room of ZEPP SAPPORO is familiar, but the atmosphere is different today.
Apparently, the interior walls have been repainted!
Thanks to the white walls, the dressing room has become very bright.
Immediately, however, they have become filled with BLOODSUCKERS messages and drawings.
In the dressing room, HYDE is attaching the VAMPS flag to the microphone stand and you can hear the sound of fabric being cut.
Of course, he did this in Nagoya, but during the live, the flag was about to tear soon, so a new one was made today.
That, is the cutting sound….

 

20141121-03

Well.
VAMPS arrived in Sapporo the previous night.
So, in the dressing room the topic of discussion was the fun at last night’s dinner.

 

20141121-04

During the rehearsal, the atmosphere is more serious than that of the dressing room.
HYDE checks the lighting and production set,
And instructs the staff and makes final adjustments until he’s satisfied.

 

20141121-05

Though it was cold in Sapporo, the live was still hot! And then all the Sapporo BLOODSUCKERS’ excitement was released

“We were waiting!” they called and it was a good time.

20141121-06

Now, after the hot live, we will eat
Delicious Sapporo rice!
“Where’s my lamb!”


 

[Original Text]

2014.11.21 「ZEPP SAPPORO 1日目」

ZEPP SAPPORO 1日目です。
“VAMPS LIVE 2014-2015”も3ヵ所目。
福岡、名古屋に続いて、いよいよ北の大地・北海道に
やってまいりました。
「北海道はでっかいどー!」
思わず叫んじゃうくらい
北海道の大地も空も広いですねー。
ということで、みなさんも、さあご一緒に……。
あ!
そうでした!
ここはZEPP SAPPOROでした!
はい、入り待ちBLOODSUCKERSのみなさんは
もう御存知ですよね。
ここZEPP SAPPOROは近隣の方のご迷惑にならないよう
入り待ち・出待ちの際、声を出してはいけないのです。
ということで、大好きなHYDEとK.A.Zが目の前に現れても
手を振ってくれても、静か〜に手を振り返して
笑顔で気持ちを伝えることしかできないのです。
さすが、SなHYDEですね。
あ、それは関係ないですね。

[image 1]

みなさん、無言の入り待ちにもすっかり慣れたもので
叫べない代わりに、心の声を
しっかりメッセージに書いて持っていますね。
はい、K.A.Zも「おはよー」。
「きゃああああああ〜!」と、叫びたい気持ちを
ぐっと押さえて、笑顔でメッセージを掲げまーす。

 

[image 2]

 

それにしても寒い札幌。
雪が積もっていなくて、ちょっぴり残念そうなHYDEではありますが、
外で待ってくれているみなさん、
くれぐれも風邪をひかないように気をつけてくださいね。
さて、慣れ親しんだZEPP SAPPOROの楽屋ですが、
本日はなにか雰囲気が違います。
どうやら、室内の壁をすべて塗り替えたらしく、
なんということでしょう!
真っ白い壁のおかげで
とても明るい楽屋になっているではありませんか。
すぐにBLOODSUCKERSのみなさんからの
メッセージやイラストで埋め尽くしちゃいますけどねー。
そんな楽屋では、
HYDEがマイクスタンドに付けている
VAMPSフラッグをチョキチョキしています。
たしか名古屋でもやっていましたが、
ライヴ中、ブンブン振り回していると、すぐに破れてしまうため
本日からおニューになったのでーす。
ということで、チョキチョキ……。

 

[image 3]

 

さてさて。
昨晩すでに札幌入りしていたVAMPS御一行様。
ということで、楽屋は楽しかった晩御飯の話で
盛り上がっています。

 

[image 4]

 

リハーサル中は、楽屋の雰囲気とはガラリと変わり、
みなさん真剣な表情です。
HYDEは照明や演出セットなど、
納得のいくまでスタッフに指示を出して
最終調整をしていきます。

 

[image 5]

 

で、寒〜い札幌ではありますが、
ライヴはやっぱり暑かった! そして、熱かった!!
札幌BLOODSUCKERSのみなさんの
「待ってたよー!」という熱気と興奮が伝わってきて
最高に楽しい時間が過ごせたのでありました。

 

[image 6]

 

さあ、熱いライヴのあとは
美味しい札幌めし、いただきますよー!
「Where’s my lamb!」

Advertisements