VAMPS LIVE XIV – XV | 11.24.2014 ZEPP SAPPORO

11.24.2014 “ZEPP SAPPORO Day 3”

It’s the third day of ZEPP SAPPORO
And, that you say?
Yes, it is.
It’s the last day of the Sapporo performances!
It’s a little sad.
Three performances [over] in a blink [of an eye].
Now, we’ll revve up for the last show!
With that said, today’s hot meal is
“Abura soba” from Sapporo’s “Befutei.”*
“Unnnnn….that looks really tasty…” (HYDE’s voice with feeling)

*NOTE: “米風亭” is pronounced “Befutei” and it’s an eatery in Sapporo. “Abura
soba” is basically cooked ramen noodles flavored with a little oil and a
seasoned sauce called “tare.” It comes with most toppings you’d find in
ramen: hardboiled egg, bamboo shoots, etc., but there is no broth. It’s
essentially ramen, minus the broth.

 

20141124-01

 

 

With that said, he ate it!

 

20141124-02

 

HYDE ate abura soba while watching the monitor to see what’s being done
onstage. Munching.
Since it’s the last day, the dressing room walls have been filled with messages,
drawings, and photo booth pictures.

 

20141124-03

 

With that said, it’s the final Sapporo show,
[so] they’re fired up today.
Yes, VAMPS!

Handsome!

 

20141124-04

 

It was a good day for the last live of ZEPP SAPPORO, which was met by
thunderous shouts of joy.
The flashy lighting and illumination also further increased the tension.
During the encore of “THE JOLLY ROGER”, HYDE screamed “Don’t leave regrets!”
“I’ll be back, Sapporo!” Wash your necks!”
Before the curtain closed, the words of HYDE marked the end of the 3 days of Sapporo.

 

20141124-05

 

“Sapporo BLOODSUCKERS, thank you!”
And they shouted, (not so loudly here)
“HYDE-! K.A.Z-! Thank you!”
Came the voices from the hearts of BLOODSUCKERS
(though not so loudly here), could be heard.
The VAMPS party left ZEPP SAPPORO.

 

20141124-06

————————————-
Original Text:

2014.11.24 「ZEPP SAPPORO 3日目」

ZEPP SAPPORO 3日目です。
と、いうことは……?
はい、そうです。
札幌公演最終日でございまーす!
寂しいですね。
3公演って、あっという間ですね。
さあ、ラストも張り切っていきますよー!
ということで、本日のホットミールに登場したのは
札幌・米風亭の「油そば」!
「う〜ん……こりゃ美味そうだ……」(HYDE心の声)

 

[image 1]

 

ということで、いっただっきまーす!

 

[image 2]

 

ステージで行われている
サウンド・チェックの様子をモニタで見ながら
油そばをいただきます。もぐもぐ。
さて、最終日ともなると
楽屋の壁は一面BLOODSUCKERSのみなさんから届いた
メッセージやイラストやプリクラで
埋め尽くされています。
「いや〜、絶景ですな〜」と、
HYDEもK.A.Zも楽しそうに見上げています。
[image 3]
ということで、いよいよ札幌ファイナル、
本日も気合を入れて行きますよ。
はい、VAMPS!
男前ー!

 

[image 4]

 

本日は最終日に相応しく
割れんばかりの歓声で盛り上がったZEPP SAPPORO。
ド派手な照明と電飾も
さらにテンションを上げてくれますね。
アンコールでは
「悔いを残すなよ!」
とHYDEが叫んで、「THE JOLLY ROGER」を披露。
「札幌、また帰ってくるからな!
首洗って待ってろよ!」
というHYDEの言葉を残し、
札幌3daysは幕を閉じたのでありました。

 

[image 5]

 

「札幌BLOODSUCKERSのみんな、ありがとねー!」
と、心の中で叫びながら(ここは大声を出してはいけませんからね)、
「HYDE—! K.A.Z—! ありがとー!」
というBLOODSUCKERSの心の声を
聞きながら(ここは大声を出してはいけませんからね)、
VAMPS御一行様は
ZEPP SAPPOROをあとにするのでありました。

 

[image 6]

Advertisements