VAMPS LIVE XIV – XV | 02.07.15 NGK HALL [UN-TRANSLATED]

2015.02.07 「日本ガイシホール 1日目」

日本ガイシホール 1日目です。

ライヴハウス・ツアーを終え、
いよいよアリーナ・ツアーがスタート!
VAMPS御一行様は、
ライヴ前日に名古屋入りし、
会場でゲネプロを行っていたのでありました。

会場に到着するなり
すぐにステージを見に行き、
ステージセットや演出、客席の設置など、
あらゆるところを確認していたHYDE。
そして、ステージ上で、すぐに楽器を鳴らし、
その音を気にしていたK.A.Z。
アリーナ・ツアーへの意気込みが
ひしひしと伝わってくるようです。

そして楽屋では、アリーナ・グッズの確認。
はい、こちらは『籠城DIARY』ですね。
20150207-01
「ふ〜ん……俺ってライヴでこんなMCしてたんだ……」
と言っているかどうかは定かではありませんが
こちら、ご本人も読み応えたっぷりの内容と
なっておりまーす!

さて、ゲネプロというのは、
ライヴ本番と同様に進行していくリハーサルのこと。
ということで、
アンコールでメンバーがアリーナに登場するシーンも、
はい、こちら!
20150207-02
たくさんのBLOODSUCKERSに囲まれている体で
大きく手拍子しながらスキップでアリーナを練り歩く
アーリーとJu-kenでーす。
4年ぶりのアリーナに、
ちょっぴりはしゃいでまーす。

さてさて。
そんなこんなで迎えたアリーナ初日。
ここ日本ガイシホールは名古屋……
ということで、はい、ひつまぶし〜。
20150207-03
名古屋公演では恒例のお昼ごはんが登場です!

とくれば……
この男がだまっているわけがありませーん!
20150207-04
がっついておりまーす!

K.A.Zは舞台監督と
リハーサルで演奏する曲をお話し中。
鏡越しの黒マスクが
何気にステキです。
あ、舞台監督も白マスクですね。
風邪やインフルエンザが流行ってますからね。
VAMPSの楽屋ではマスクが必須となっております。
20150207-06
そして、6:66にスタートしたライヴ。
これまで、ライヴハウスでも想像を絶するセットと演出で
籠城ツアーを行っていたVAMPSですが、
アリーナのセットがまたすごかった!
まるでスキージャンプ台のように
ステージ後方にグーンと伸びたLEDの壁。
さらに、スタンド席から見ると、
ステージ上もすべてLEDの床になっていて
メンバーの足元にも様々な映像がうごめいているのです。
はい、炎もゴーッ!
20150207-07
さらに!
今回のアリーナ・ツアーでは
ライヴ中の携帯での撮影がOKという、
VAMPS史上初の試み!
アリーナ席は近距離でライヴが楽しめるにも関わらず
HYDEやK.A.Zの写真を間近で撮ることもできるのです。
キャー!

が、しかし。
ライヴで騒ぐのがやはり楽しいため、
ライヴ後半は撮影どころではない
BLOODSUCKERSなのでありました。
う〜ん、悩ましいっ!

Advertisements