HYBLOG – 02.28.2017

Untitled

Here and There
02.28.2017

After recording has been finished, a weight has been lifted.
It seems there is no rest until everything is done for the recording.
Recording itself wasn’t difficult,
Singing was short and easy, and I think there was somehow no stress, although if I think of it now with a relaxed mental state, I think there was in fact stress.
I am relaxing a lot more now.
I wonder if I will continue with a life where tension and relaxation are repeated.
Even though I say this casually,
After the usual post-processing work, the preparations for the lives are piled up when it’s over,

Because of that I feel like a nerd who has to do things in a hurry without being pressured by a deadline.

 

1

 

Recently, I start the day brewing coffee (I drink 2 cups of coffee).
A detailed confirmation of work springs forth, and it gushes out like water, and there is no end.*
*NOTE: HYDE approves everything before it is produced, especially where goods and merchandise are concerned. So HYDE is discussing the daily routine of confirming things like the graphics for the goods and whatnot.
“Which logo is better, A or B?”
“Umm…what’s the difference between A & B?”
“It’s a bit dirty”
“Well, they’re different if you look closely…”
I work at that level *LOL*
And when I get into those sort of things, it may never end,
Production of the L’Arc~en~Ciel live,
The VAMPS album jacket,
Japanese translation of lyrics,
Confirmation of goods and ideas,
I wonder if I can memorize the new song lyrics, which is the main thing.
Every day passes quickly [when] I am working.
Because each of those things is part of a job I like, I’m not bothered by it.

 

2

 

But, I have not made much progress in terms of memorizing the lyrics.
English is difficult to memorize…
However, as for the lyrics themselves, I don’t know if they’re good or not,
Rhyming and rhythm can be off if [the lyrics are] confused with something similar
I often sing the parts I remember because of the humor I had [associated] with it during production.
I’m the type of person who remembers with his body.
I think it is clumsy and inefficient to memorize by concentrating and concentrating, so I [try] to do it a little bit at a time.
I never remember unless I have a lot of live performances,
I think I have that kind of problem.
But, I hate it when I can’t concentrate on the live because I am so focused on the lyrics
This is why I prefer to have a live, where I’ve memorized everything perfectly.
That’s why there is no cheat sheet on the stage!
Absolutely not!
I don’t think so.
Does it not exist?
。。。
No, it definitely does not exist *LOL*
I’m sorry, but Japanese will not appear in the next album.
I wanted to include some, but I didn’t have time…
The only [Japanese] word on the album is “BUTTOBASHITE” *LOL*
But, remember that there are plenty of places [in the songs] that are easy to sing.
When the “CALLING” MV was made, I was able to sing it without cheat sheets [written] in advance.
I will practice for the lives and it will be easier for me (like a nerd)
When shooting, I have to sing at double-speed, which is tongue-twisting and hard work [for me], but thanks to memorizing everything in advance, it was easy to make the MV.

 

3

 

“CALLING” was the first video shot by American staff since “SEASON’S CALL.”
I thought about the kind of feelings American musicians have when filming,
[So] I basically leave it to the American staff, and the idea was also conceived by the director.
It is not correct to only build this work myself, but it is also important to [incorporate] another person’s ideas successfully.
It’s the same in recording,
If only good ideas are produced, then that’s very good,
However, I hate those unpleasant instances where I can’t accept all of the ideas that emerge and have to refuse them.
I must have the heart of a demon *LOL*
I don’t want such situations to happen, so I hope for good ideas.

 

That’s why I left it in the hands of the director, so I can choose my own ideas, which is why I can say that I am building VAMPS.

 
On the day [of the shooting], it was an unusually rainy day in Los Angeles,
I was worried because it the rain fell abruptly for about 2 hours, but we ended up finishing as scheduled.
The shooting crew is very cheerful, which made it a good atmosphere

 

4

 

When they made a good shot, they celebrated each time *LOL*
The same happened when we recorded.
The Japanese don’t celebrate when being praised *LOL*
I was worried whether the female model would match the atmosphere, but I was relieved because it she turned to be very nice.
I was glad to go with the director’s recommendation *LOL*

 

5

 

Now that [we] are editing the MV, it’s a beautiful and has dark images.
However, the atmosphere feels different [than what has been done before].
Look forward to it.
However,
I don’t want to do the MV verification work for some reason.
The body refuses [to do so].
I have an unpleasant feeling and [I] hesitate to open the file.
I don’t know why.
Is it because I have no expectations?
Maybe because I’m afraid if it isn’t good?
Maybe that’s why, but it still makes me uneasy.
But, I don’t want to reply late and since errors impossible to fix now,
I must click on the file as quickly as possible.
This time, it’s better than I imagined,
I’ve gotten used to it, as I have watched it several times
Still, I does not finish convincing me…
Recording will be resumed the day after filming,
So, we headed to Las Vegas where the studio is located.
It’s about 4-5 hours [away].
Then that evening, I was surprised to see photos of the shooting for the day had shown up on SNS.
Since common sense is different overseas, [they] took liberty to share [photos] without my permission on their own SNS.**
If this was Japan, the staff would be fired.
**NOTE: “SNS” refers to “social networking system,” aka social media (or Instagram, specifically in this case HYDE is referring to).

 

Anyway
Naeba is coming soon!
And we’re done with everything!
I wonder if winter will come again☆

 

——————————————-
——————————————-
Original Text:
レコーディングが終わって肩の荷が下りた。

毎回このレコーディングって作業は、全部終わるまで神経が休まらないみたい。

レコーディング自体煮詰まることも少なかったし、
歌録りも短くて楽だったし、ストレスがないように思ってても現在のお気楽な心境を考えると、
やっぱりストレスがあったんだろうと思う。

今は随分リラックスしてる。

こういった緊張と緩和を繰り返して人生って続くんだろうな。

精神的には気楽って言っても
終わったらいつも恒例の後処理作業と、ライヴ準備の作業が山積みになってるので、
締め切りに追われることなく早めからやって行くという優等生みたいなことをしている。

最近の日々は1日分のコーヒー(コーヒーカップ2杯分)を淹れてスタートする。
細かい確認作業が湧き水のごとく噴き出して終わりがない。
「AとBのロゴどちらが良いですか?」
「うーん、、、AとBどう違うの?」
「すこし汚しが多いです」
「うーん、あ、よく見れば違うね。。。」

そんなレベルの事もやってるよ笑

そんなのを入れるとキリがないけど、
ラルクのライヴの演出、
VAMPSのアルバムジャケット周り、
歌詞の和訳、
グッズの確認やアイディア、
新曲の歌詞を覚えたりするのがメインといったところかな。
作業してると毎日があっという間に過ぎていく。
それぞれが好きな仕事なのでそんなに苦にはならない。

 

[image]

 

でも中でもなかなか進まないのが歌詞を覚える事。
英語覚えるの難しい。。。
歌詞としては良いのかも知れないけど
韻を踏んだりして、似て非なるものがあるとごちゃごちゃになる。。。
作業の合間とかのふとした時に、覚える部分を数回歌ってる。
身体で覚えるってやつだな。
凝縮して集中して覚えるのはごちゃごちゃして効率悪いと思うから、少しずつ何回もやってる。
これまでもライヴの本数をかなりこなさないと覚えきる事はなかったし、
そんなもんだとも思ってる。
でも、歌詞に気をとられてライヴに集中できない瞬間が嫌だから

完璧に覚えてライヴを迎えてやるんだ。
だからステージにカンニングペーパーなんてないぜ!
絶対ない!
ないと思う。
ないんじゃないかな?
。。。

いや、ないって笑
悪いけど、次のアルバムに日本語は出てこないよ。
何か入れたかったんだけど、そんな余裕が無かったんだ。。。
入ってるのは「BUTTOBASHITE〜♫」だけだよ笑
でも、簡単に歌えるところはたくさんあるから覚えといてね。
それもあって「CALLING」のMVの時は事前にカンニングペーパー無しで歌えるようにしておいたんだ。
ライヴ練習を1曲楽にすることにもなるし(優等生)
撮影では倍速で歌ったりするから早口言葉とか大変なんだけど、覚えておいたおかげでMV 撮るのが楽だった。

 

[image]
「CALLING」は「SEASON’S CALL」以来の、アメリカのスタッフでのシューティングになった。

アメリカのミュージシャンはどんな感じで撮ってるのか試してみようと思って、

基本的にはアメリカの事務所に任せて、アイディアも監督に自由に発想してもらった。

自分で構築して考えるだけではなく相手のアイディアをうまく自分の作品に落とし込むのは
レコーディングでもそうだけど、とても重要な事だ。
良いアイディアばかり出てくるなら良いんだけど、
全く受け付けないアイディアが出てきて断らなければならない時とか結構デリケートで嫌な瞬間だ。
心を鬼にしなければならない笑
なるべくそうならないでほしいと願いながら良いアイディアを期待する。
こうやって監督に任せるのも自分が選択した事だから、VAMPSをプロデュースしてるって事なんだ。
当日は、Los Angelesでは珍しく雨で寒いし、
いきなり2時間くらい押してスタートしたから心配だったけど、予定通り終了した。
撮影クルーはとても陽気で良い雰囲気☆
[image]
良い映像が撮れた時はいちいち盛り上がる(笑)

レコーディングの時もそうだった。

日本人だと褒めてはくれても盛り上がりはしないな(笑)
モデルの女の子が雰囲気合うか心配だったけど、とっても素敵だったので安心した。
監督推薦を聞いといて良かったよ(笑)
[image]
今はそのMVの編集中で、とても美しくもダークな映像。
やはりこれまでとすこし雰囲気が違う。
楽しみにしててね♪
しかし
なぜかこういうMV確認作業はやりたくない。
身体が拒否する。
何か嫌な感じがしてファイルを開くのをためらってしまう。
理由はよく分からない。
期待していないのか?
ダメだったら怖いから?
その辺だと思うけど何かが僕を不安にさせる。
でも、返事が遅くなって、修正不可能になるのはもっと嫌だから
嫌々ながら早々にファイルをクリックする。
今回は想像より良かったし、
何度か観てるうちに慣れてくるんだけど
それでもこの作業は好きになれない。。。
撮影の次の日からまたレコーディングを再開するので、
終了後スタジオがあるラスベガスへ向かう。
4〜5時間くらいかな。
その夜にはその日の撮影の様子がSNSに流れてて驚いた。
海外だと常識が違うから、勝手に撮って自分のSNSに流すのは日常みたい。
これが日本なら、スタッフはクビだろうな。
さて
もうすぐ苗場!
それまでに全部終わらせるぜ!
もう一回冬来ないかな〜☆