HYBLOG – 02.28.2017

Untitled

Here and There
02.28.2017

After recording has been finished, a weight has been lifted.
It seems there is no rest until everything is done for the recording.
Recording itself wasn’t difficult,
Singing was short and easy, and I think there was somehow no stress, although if I think of it now with a relaxed mental state, I think there was in fact stress.
I am relaxing a lot more now.
I wonder if I will continue with a life where tension and relaxation are repeated.
Even though I say this casually,
After the usual post-processing work, the preparations for the lives are piled up when it’s over,

Because of that I feel like a nerd who has to do things in a hurry without being pressured by a deadline.

 

1

 

Recently, I start the day brewing coffee (I drink 2 cups of coffee).
A detailed confirmation of work springs forth, and it gushes out like water, and there is no end.*
*NOTE: HYDE approves everything before it is produced, especially where goods and merchandise are concerned. So HYDE is discussing the daily routine of confirming things like the graphics for the goods and whatnot.
“Which logo is better, A or B?”
“Umm…what’s the difference between A & B?”
“It’s a bit dirty”
“Well, they’re different if you look closely…”
I work at that level *LOL*
And when I get into those sort of things, it may never end,
Production of the L’Arc~en~Ciel live,
The VAMPS album jacket,
Japanese translation of lyrics,
Confirmation of goods and ideas,
I wonder if I can memorize the new song lyrics, which is the main thing.
Every day passes quickly [when] I am working.
Because each of those things is part of a job I like, I’m not bothered by it.

 

2

 

But, I have not made much progress in terms of memorizing the lyrics.
English is difficult to memorize…
However, as for the lyrics themselves, I don’t know if they’re good or not,
Rhyming and rhythm can be off if [the lyrics are] confused with something similar
I often sing the parts I remember because of the humor I had [associated] with it during production.
I’m the type of person who remembers with his body.
I think it is clumsy and inefficient to memorize by concentrating and concentrating, so I [try] to do it a little bit at a time.
I never remember unless I have a lot of live performances,
I think I have that kind of problem.
But, I hate it when I can’t concentrate on the live because I am so focused on the lyrics
This is why I prefer to have a live, where I’ve memorized everything perfectly.
That’s why there is no cheat sheet on the stage!
Absolutely not!
I don’t think so.
Does it not exist?
。。。
No, it definitely does not exist *LOL*
I’m sorry, but Japanese will not appear in the next album.
I wanted to include some, but I didn’t have time…
The only [Japanese] word on the album is “BUTTOBASHITE” *LOL*
But, remember that there are plenty of places [in the songs] that are easy to sing.
When the “CALLING” MV was made, I was able to sing it without cheat sheets [written] in advance.
I will practice for the lives and it will be easier for me (like a nerd)
When shooting, I have to sing at double-speed, which is tongue-twisting and hard work [for me], but thanks to memorizing everything in advance, it was easy to make the MV.

 

3

 

“CALLING” was the first video shot by American staff since “SEASON’S CALL.”
I thought about the kind of feelings American musicians have when filming,
[So] I basically leave it to the American staff, and the idea was also conceived by the director.
It is not correct to only build this work myself, but it is also important to [incorporate] another person’s ideas successfully.
It’s the same in recording,
If only good ideas are produced, then that’s very good,
However, I hate those unpleasant instances where I can’t accept all of the ideas that emerge and have to refuse them.
I must have the heart of a demon *LOL*
I don’t want such situations to happen, so I hope for good ideas.

 

That’s why I left it in the hands of the director, so I can choose my own ideas, which is why I can say that I am building VAMPS.

 
On the day [of the shooting], it was an unusually rainy day in Los Angeles,
I was worried because it the rain fell abruptly for about 2 hours, but we ended up finishing as scheduled.
The shooting crew is very cheerful, which made it a good atmosphere

 

4

 

When they made a good shot, they celebrated each time *LOL*
The same happened when we recorded.
The Japanese don’t celebrate when being praised *LOL*
I was worried whether the female model would match the atmosphere, but I was relieved because it she turned to be very nice.
I was glad to go with the director’s recommendation *LOL*

 

5

 

Now that [we] are editing the MV, it’s a beautiful and has dark images.
However, the atmosphere feels different [than what has been done before].
Look forward to it.
However,
I don’t want to do the MV verification work for some reason.
The body refuses [to do so].
I have an unpleasant feeling and [I] hesitate to open the file.
I don’t know why.
Is it because I have no expectations?
Maybe because I’m afraid if it isn’t good?
Maybe that’s why, but it still makes me uneasy.
But, I don’t want to reply late and since errors impossible to fix now,
I must click on the file as quickly as possible.
This time, it’s better than I imagined,
I’ve gotten used to it, as I have watched it several times
Still, I does not finish convincing me…
Recording will be resumed the day after filming,
So, we headed to Las Vegas where the studio is located.
It’s about 4-5 hours [away].
Then that evening, I was surprised to see photos of the shooting for the day had shown up on SNS.
Since common sense is different overseas, [they] took liberty to share [photos] without my permission on their own SNS.**
If this was Japan, the staff would be fired.
**NOTE: “SNS” refers to “social networking system,” aka social media (or Instagram, specifically in this case HYDE is referring to).

 

Anyway
Naeba is coming soon!
And we’re done with everything!
I wonder if winter will come again☆

 

——————————————-
——————————————-
Original Text:
レコーディングが終わって肩の荷が下りた。

毎回このレコーディングって作業は、全部終わるまで神経が休まらないみたい。

レコーディング自体煮詰まることも少なかったし、
歌録りも短くて楽だったし、ストレスがないように思ってても現在のお気楽な心境を考えると、
やっぱりストレスがあったんだろうと思う。

今は随分リラックスしてる。

こういった緊張と緩和を繰り返して人生って続くんだろうな。

精神的には気楽って言っても
終わったらいつも恒例の後処理作業と、ライヴ準備の作業が山積みになってるので、
締め切りに追われることなく早めからやって行くという優等生みたいなことをしている。

最近の日々は1日分のコーヒー(コーヒーカップ2杯分)を淹れてスタートする。
細かい確認作業が湧き水のごとく噴き出して終わりがない。
「AとBのロゴどちらが良いですか?」
「うーん、、、AとBどう違うの?」
「すこし汚しが多いです」
「うーん、あ、よく見れば違うね。。。」

そんなレベルの事もやってるよ笑

そんなのを入れるとキリがないけど、
ラルクのライヴの演出、
VAMPSのアルバムジャケット周り、
歌詞の和訳、
グッズの確認やアイディア、
新曲の歌詞を覚えたりするのがメインといったところかな。
作業してると毎日があっという間に過ぎていく。
それぞれが好きな仕事なのでそんなに苦にはならない。

 

[image]

 

でも中でもなかなか進まないのが歌詞を覚える事。
英語覚えるの難しい。。。
歌詞としては良いのかも知れないけど
韻を踏んだりして、似て非なるものがあるとごちゃごちゃになる。。。
作業の合間とかのふとした時に、覚える部分を数回歌ってる。
身体で覚えるってやつだな。
凝縮して集中して覚えるのはごちゃごちゃして効率悪いと思うから、少しずつ何回もやってる。
これまでもライヴの本数をかなりこなさないと覚えきる事はなかったし、
そんなもんだとも思ってる。
でも、歌詞に気をとられてライヴに集中できない瞬間が嫌だから

完璧に覚えてライヴを迎えてやるんだ。
だからステージにカンニングペーパーなんてないぜ!
絶対ない!
ないと思う。
ないんじゃないかな?
。。。

いや、ないって笑
悪いけど、次のアルバムに日本語は出てこないよ。
何か入れたかったんだけど、そんな余裕が無かったんだ。。。
入ってるのは「BUTTOBASHITE〜♫」だけだよ笑
でも、簡単に歌えるところはたくさんあるから覚えといてね。
それもあって「CALLING」のMVの時は事前にカンニングペーパー無しで歌えるようにしておいたんだ。
ライヴ練習を1曲楽にすることにもなるし(優等生)
撮影では倍速で歌ったりするから早口言葉とか大変なんだけど、覚えておいたおかげでMV 撮るのが楽だった。

 

[image]
「CALLING」は「SEASON’S CALL」以来の、アメリカのスタッフでのシューティングになった。

アメリカのミュージシャンはどんな感じで撮ってるのか試してみようと思って、

基本的にはアメリカの事務所に任せて、アイディアも監督に自由に発想してもらった。

自分で構築して考えるだけではなく相手のアイディアをうまく自分の作品に落とし込むのは
レコーディングでもそうだけど、とても重要な事だ。
良いアイディアばかり出てくるなら良いんだけど、
全く受け付けないアイディアが出てきて断らなければならない時とか結構デリケートで嫌な瞬間だ。
心を鬼にしなければならない笑
なるべくそうならないでほしいと願いながら良いアイディアを期待する。
こうやって監督に任せるのも自分が選択した事だから、VAMPSをプロデュースしてるって事なんだ。
当日は、Los Angelesでは珍しく雨で寒いし、
いきなり2時間くらい押してスタートしたから心配だったけど、予定通り終了した。
撮影クルーはとても陽気で良い雰囲気☆
[image]
良い映像が撮れた時はいちいち盛り上がる(笑)

レコーディングの時もそうだった。

日本人だと褒めてはくれても盛り上がりはしないな(笑)
モデルの女の子が雰囲気合うか心配だったけど、とっても素敵だったので安心した。
監督推薦を聞いといて良かったよ(笑)
[image]
今はそのMVの編集中で、とても美しくもダークな映像。
やはりこれまでとすこし雰囲気が違う。
楽しみにしててね♪
しかし
なぜかこういうMV確認作業はやりたくない。
身体が拒否する。
何か嫌な感じがしてファイルを開くのをためらってしまう。
理由はよく分からない。
期待していないのか?
ダメだったら怖いから?
その辺だと思うけど何かが僕を不安にさせる。
でも、返事が遅くなって、修正不可能になるのはもっと嫌だから
嫌々ながら早々にファイルをクリックする。
今回は想像より良かったし、
何度か観てるうちに慣れてくるんだけど
それでもこの作業は好きになれない。。。
撮影の次の日からまたレコーディングを再開するので、
終了後スタジオがあるラスベガスへ向かう。
4〜5時間くらいかな。
その夜にはその日の撮影の様子がSNSに流れてて驚いた。
海外だと常識が違うから、勝手に撮って自分のSNSに流すのは日常みたい。
これが日本なら、スタッフはクビだろうな。
さて
もうすぐ苗場!
それまでに全部終わらせるぜ!
もう一回冬来ないかな〜☆

 

 

Advertisements

HYBLOG – 02.10.2017

Untitled

Thank You Very Much
02.10.2017

Happy New Year
(I can’t do anything else when production starts)

Since the beginning of the year, I have been in Las Vegas with the continuation of VAMPS’ recording.
I have not been to the casino or [Vegas] strip, lol

This is the final recording of the album, which will be released after the songwriting & recording work is completed.
It’s the 4th recording since INSIDE OF ME [was] recorded?
I’ve been recording a few songs at a time. Last 4 or 5 tracks this time.

The work has come to an end.
It’s been a year since I started composing something…

After all, it is late to write songs ~….

pic01

American engineers and producers are distinctive and unique, respectively.

This time, producer Kane will provide assistance to the engineer, producing lyrics, composition, performances, arrangements, and mixes, alone and without assistance.

The way to record songs is also unique and looping and recording in a row
I was surprised at the beginning that what seemed impossible [at first], went by fast.
To that extent, I want to be firm on what I want to sing myself.
If I can’t keep up with the image….[We’ll] have to start over again.

The second track to the “CALLING” single [that will be] released in March, “ENJOY THE SILENCE,” ended in 40 minutes.
It may be the shortest recording of singing in English – Kashi Gas Kune Deathcade*

It’s my first time to record a cover of my favorite artist.

I’ve like DEPECHE MODE since I was in junior high school and it was shocking when I listened [to them] for the first time.

I was very [influenced by them]
I tried singing [like them], so I tried imitating [the lead singer] and the I tried to be as different as possible

I haven’t heard it yet….How it is?

I can’t listen to what I recordered earlier, I’m different from Japan LOL

I still don’t like native English, but I understand that I improve gradually.
In album recording, [I have] noticed that the pronounciation level differs between a half-year old recording and a recent recording LOL

I want to re-record, but…

I will stop it because there is no dirt LOL*

But it is nice to be growing.

It is important to keep going and doing if [one] is not satisfied with the current situation ~ Huh.

It can be said that this song is composed only of heavy songs.
I chose a light song.
As far as I mentioned in an interview that “the whole image of the album cannot be conveyed with just a single”
I was saying that a variety of songs are included in the album
It may be as long as the extension of INSIDE OF ME this time.

I tried to not make it a distracting impression.

The [songs] will be different from some of the fans’ expectations, heavy, [but] catchy sound.

I can’t lose at the festival!

I am glad, as an artist, because I wanted to make such an album.
There aren’t so many distorted voices…
Please forgive [me], [those] who like beautiful voices [as in] L’Arc’s singles.

Later,
I just pray for everyone to like it….

 

pic02

 

[I have been] to Vegas many times in the summer.

Even though it was midnight, it would the weather would still be hot, like a frying pan
It was unexpected that winter was so cold.

I selected the wrong clothes for the cold by mistake…

Snow is also piled up in the mountains in the distance, as if I were going to a snowy mountain.
It will not be bad if it comes in winter.

 

pic03

Working in the winter and doing lives, other than that, it’s not so bad,
It’s only a problem to be robbed of snowboarding during the high season

Oh,
Winter is over…

I’d like to have a day off next February…

But when this is over

Naoea!

I’m happy to be able to show off to everyone the liberated VAMPS, freed from recording.

It’s the end of the season, but I wish good snow is left

Next, I’ll raise it for L’Arc’s Tokyo Dome

Postscript

By the way, it was my birthday last month.
I got a lot of congratulatory messages.
I think I was truly happy.
On the contrary, I do feel sorry for myself.
I can’t be a decent adult to say God,
I cannot be usch a thing,

I would like to create it at my own pace.

Thank you very much.

————————–
Original Text (because my Japanese is terrible):

あけましておめでとうございます☆
(制作が始まるとそれ以外が何もできなくなる人です)

年明けからVAMPSのレコーディングの続きでラスベガスにいるよ。
といってもカジノやストリップには行ってないよ笑

今回はアルバムの最終レコーディングで、これが終わったら作詞作曲録音作業から解放されるんだ。
INSIDE OF MEのレコーディングから4回目のレコーディングかな?
2、3曲ずつレコーディングしてきた。最後の今回は4、5曲。

作業も終わりが見えてきた。
なんだかんだで作曲始めてから1年経ったし。。。

やっぱり曲作るの遅いな〜。。。
[pic]

アメリカのエンジニアやプロデューサーはそれぞれが個性的で独特。

今回のプロデューサー、ケインはエンジニア、プロデュース、作詞、作曲、演奏、アレンジ、ミックスまで全部アシスタントもつけないで一人でやってしまう。

歌の録り方も独特でループして連続で録っていくんだけど
最初はこんなの無理ってびっくりしたけど、慣れたら早い。
その分、自分でどういう歌にしたいかしっかりしていないと
ついていけなくてイメージと違う。。。ってなってやり直しが多くなる。

3月に発売されるシングル「CALLING」のカップリング「ENJOY THE SILENCE」は40分で歌録りが終わった。
英語の歌録りの最短記録かも♫ カシガスクナイデスケド

不思議と、こんなに大好きなアーティストのカバーをレコーディングするのは初めて。

DEPECHE MODEは中学生から好きで初めて聴いた時は衝撃的だった。

結構影響受けてるから
そのまま歌うと真似っこになるのでなるべく違うようにしたけど、

まだ聴いてない。。。どうだったかな〜?

録音したのをすぐに聴けないあたりも日本と違う笑

まだまだネイティブみたいな英語にはならないけど、少しずつ上達してるのはわかる。
アルバムレコーディングも半年前の録音と最近の録音では発音レベルが違うと本人は気がついてる笑

録り直したくなったりするけど、

キリがないのでやめておくよ笑

でも成長してるのは嬉しい。

現状に満足しないで目標を作ってやり続けることが重要なんだろうな〜。。。はぁ。

今回の楽曲はヘビーな曲だけで構成されてるといってもいいくらい。
軽い曲はボツにした。
これまでなら「シングルだけでアルバムの全体像は伝えれらない」ってインタビューでいうくらい
バラエティーに富んだ楽曲がアルバムに入ってると言ってたけど
今回はINSIDE OF MEの延長といってもいいくらいかもしれない。

あえて散漫な印象にならないようにした。

ファンの皆の中には期待と違うって人もいるだろうけど、
キャッチーでヘビーサウンド。

フェスでは負けないぜ!

こういうアルバムを作りたかったからアーティストとしては嬉しい。

歪んでない声はあんまりないかも。。。

綺麗な声が好きな人はラルクのシングルで許してください。

あとは
みんなが気に入ってくれるのを祈るばかり。。。☆
[pic]
夏には何度も来てるラスベガス。

真夏は真夜中でもフライパンの上みたいな暑さだったのに
冬がこんなにも寒いなんて予想外だった。

洋服の選択を間違えて寒いよ。。。

遠くを囲んでいる山には雪も積もっていて、まるで雪山に来てるかのような印象。
冬に来るならここも悪くないね。

[pic]
冬に作業してそれ以外にライヴをするのは悪くないけど、
スノボのハイシーズンを仕事に奪われるのが問題なんだよ。

あーあ、

冬が終わっちまうよ。。。

来年の2月はお休みをもらおうかなー。。。

でもこれが終わったら

苗場っ!

レコーディングから解放された、解放的なVAMPSをみんなに披露できるのが嬉しいよ。

シーズン終わりだけど、いい雪残ってますように☆

その次はラルクの東京ドームに向けて上げて行くぜ♫

追伸

そういえば先月誕生日でした。

お祝いメッセージ沢山頂きました。

本当に幸せ者だと思います。

逆に僕なんかに申し訳ないくらいです。

神とか言ってくれてまともな大人にもなれないし、
とてもそんな存在にはなれないけど、

僕なりにマイペースに創造していきたいと思います。

本当にありがとう。

 

HYBLOG – 04.28.2015

Untitled

アメリカツアー中も案外やる事あって、時間がもったい無いので観光とかしないけど、
少し興味があったり、気分を変えたい時に散歩するんだ。

こないだはカーニーって田舎街に昼の12時に着いた。
ダラスからミネアポリスまでの中継地点だ。

なんでも、ドライバーが休憩するから12時間後に出発らしい。
これは12時間は休まないといけないって法律らしいんだけど、仮眠と言える長さじゃないね。
とりあえずホテル取って、部屋で作業してから、夕方散歩に出た。
窓から観てるだけでも、かなり田舎で僕好みの静かな街だ。

こんな所で暮らしたらのんびりしそうだな~って考える。

衛星写真で素敵そうな林に囲まれた散歩道があると思って
楽しみにその場所に向かったんだけど、

線路だった。。。

なるほどね。

でもここを歩いて行くには随分スタンドバイミー過ぎて、電車にひかれそうだから止めた。

仕方が無いので、そのまま国道をずっと歩いて行った。
国道は国道で歩道が無いので車にはねられそうだけど。。。
地図を見ると次は川がその先にあったので目標にして向かった。
何となく川とか海とか公園とかを目標にする癖がある。

何で田舎が好きなんだろう?

自然があるから?

空気が良いからかな?

自分でもよく分からない。

都会は楽しい。友達も沢山居るし、何でも欲しい物はすぐに買いに行ける。
遊ぶにはとても良い街なんだろうな。
そういう生活だから余計に田舎が恋しいのかな?
なぜか田舎にはときめきを感じる。
その理由を考えてもたいした考えは出て来ない。
きっと自分の帰るべき場所なんだろうな。

なんて思いながら小さなゴルフ場が現れた。
1

川は遠そうだし、ゴルフのコースを散歩するのは素敵だろうなと思って入って行った。

見つかったら怒られるかと思いながらも、緑の中のカートのコースを歩いて行った。

もう終わったのか? 定休日なのか? そんな感じで人の気配が無い。
国道沿いは何だかんだで建物が多かったから、ひらけていて気持ちいい。

中間地点くらいで、どうせなら一周しようと奥の林の方まで歩いてった。
昼間は雨が降っていたからか、
林の辺りは結構ぬかるんでて歩くのに大変な道になってきた。
きっと引き返した方が賢いだろうと思ったけど、
こんな場合戻れない性分。。。

もう少しなら頑張りたい!って思ってしまう。

ギャンブルと同じだ。

もうダメだと分かっていても続けてお金が無くなるまでやってしまうのと。

僕は幸いギャンブルには興味が無くて、
やる場合も無くなっても良いと最初に決めた分しか使わない。
その代わり、無くなるなら無くならないと気持ちが悪い。

もちろん勝つにこした事は無いけど、
やりきって、「くやしいけど楽しい時間だった」で終わるのが良いと思ってる。

この場合靴はドロドロだけど、一周して良かったって事かな??

何が同じなのかよく分からなくなってきた所で、、、
靴がドロドロになりながらもゴルフ場の出口が近づいた時、
林の間から目指していた川がのぞいていた。

小さな普通の川だけど、一周したご褒美みたいだった。

誰にも怒られる事無く、そしてまた車にひかれそうになりながらホテルにもどった。

まだまだアメリカツアーは折り返し地点。

二度と来る事は無さそうな僕のカーニーの記憶は、あの小さなゴルフ場になってしまった。

2

HYBLOG – 10.23.2014

Untitled

End of Makuhari Halloween.
10.23.2014

How many years since the start of the event where everyone can gather, drink,
and party, I wonder?
It has become a very big event now.
I think we are hungry for concerts and entertainment.
Events to dress up costume were only anime events.
Anime events are the destination for cosplaying, but not so much for rock
concerts or Halloween.
And because of that, my favorite artists wear costumes only on that special day.
Also, the artists end up directing what they plan to wear for their costumes for
that day.
The director does not tell the artist iwhat costume they should be in particular.
I consider feeling sorry if I have to be a silent force, but I need effort and it’s a
hassle, but it’s more special to stand aside and watch.
And one more thing, I hate asking unreasonable things of the artists.
Not to mention the intention of the person, of course, there’s no need to have a
complex office,
It doesn’t matter the time, it could even be in a smaller venuce, like Club Citta.*
What began as a party and ends up becoming a job in the end.
This year was the first with Momoiro Clover. I watched them at Kishidan Expo and
of course, drinking together is quite unprecendented.
I thought it was rock more than a rock band. If the distortion sounds off, it gets a
wrong rock sound.
It’s probably common sense how rock beat [sounds].
Fans are powerful even if they are girls, I guess because they’re powerful.
Female fans reported that it was a problem [to stay late] on a weekday, but they
stayed until the last [song] anyway, even if the last train is dangerous.*

*NOTE: I think HYDE is referring to the fact that female fans might have
complained the show ended so late and it’s dangerous for women to travel on a
train at such a late hour. However, these fans stayed until the last performance
anyway.
The next day Momoiro Clover came around to the audience seats with Halloween
Junkie Orchestra.

I can’t do it because of regulations in Kobe.
DAIGO’s costume differed everyday this year.
I feel that some like Halloween, but he and I love Halloween the most? LOL
We planned 6 months in advance so he could take time from his schedule
because I might not do a Halloween live if he’s not here. LOL
Kishidan…
That was a nightmare…
Of Halloween.
I think it was mostly for those directing it.
Oh, the foundation will be different.
Is it a thing to have a good relationship in a band?
I would have to give it up if I couldn’t try that.
MAY J.
Halloween was done so well and her heart seemed to be in it, even if it was for
the first time…
It was a go from the beginning. Her costume was also gorgeous and it was like
she really became a Disney princess.
I didn’t know “LET IT GO,” but it didn’t matter.
You wanted to hear more.
TOMMY is perfect for Halloween.
When we think of doing the Halloween live, we think she actually makes the
Halloween song each time.
There’s not much to the song. It’s about Halloween.
But I’ve gotten used to the way she handles it. LOL
Nogizaka46
When performing, I thought they were really angels.
But what’s most angelic about them is their innocent face during rehearsals.
All good songs! The bright music is also sad. I think that’s why Akimoto-san is
genius.
SID
They came with cardboard-level costume last time, but this time it was different. LOL
I did not expect Mao to become Mario, no way.
It’s the least expected person who can do it. LOL
SID seems to have softend, boyish impression all the time.
It’s their 10 year anniversary, but my “juniors” have become a band I can be proud of.

With that, I dare you to come to the remainder of Kobe.

————————————-
Original Text:

幕張ハロウィン終了。

2014/10/23

 

飲み仲間を集めてパーティーするイベントってのでスタートして何年たったのかな?

今じゃとても大きなイベントになってしまった。

 

きっとエンターテイメントするコンサートにみんな飢えてるんじゃないかなと思う。

堂々と仮装をするイベントは、アニメのイベントに行くしか無かった。

アニメに興味の無いコスプレ願望の行き先はロックなハロウィンだったのかも知れない。

 

 

しかも好きなアーティストが特別にその日だけの衣装を着てあらわれるんだもん。

 

 

どうしたってもアーティストは、この日の為だけに企画し、衣装を考え、演出してしまう。

仮装はして欲しいけど特に主宰者側がアーティストに言う事は何もない。

無言の強制になっていたら申し訳ないけど、とても労力の要る事だし、面倒だと思うけど、それだけ観る側はスペシャルなんだな。

 

 

そしてもう一つ、大事にしてる事はアーティストを無理に誘う事を僕は嫌う。

 

本人の意思はもちろん、事務所がややこしかったりしてまで出てもらわなくてもいいし、

このイベントが何時、小さなクラブチッタにもどっても構わない。

 

 

パーティーで始まったパーティーが仕事になったら終わろうと思ってる。

 

 

今年はももクロから始まった。ライヴ観るのは氣志團万博以来、もちろん一緒に飲んだ事無い笑彼女達はかなり破格。 ロックバンドよりロックだと思った。ディストーションならせばロックってのは間違ってる。いかに常識をぶち破るかがロックだ。

ファンが強力なのも彼女達が強力だからだろうな。

彼女達は次の日の仕事の問題で最後まで居られないと報告したが、平日で終電がやばいのに最後まで観て行ってくれた。

これを観た次の日からハロウィンジャンキーが客席を回るようになったのは、ももクロのお陰。

神戸では規制で出来ないんだけど。

 

 

ダイゴは今年も連日の出演で衣装も違う。

一番ハロウィンっぽくない気がするけど、一番ハロウィンを愛してるんじゃないかな?笑

多忙なのに半年前からスケジュールを空けて声がかかるのを待っててくれてる笑

彼が居ないとハロウィンはやらないかも知れない。

 

 

氣志團。。。

あれは悪夢のような。。

ハロウィンだった。

演出的には僕等より考えられてるように思う。

まあ、基礎が違うんだろうけど。

 

あれが出来るって事はバンドのメンバー仲良いって事だよね?

俺があの格好やろうって言われたらバンド辞めるもん。

 

 

MAY J.

歌が上手ってこんなに素敵なんだな~ハロウィンで初めて心が洗われるようだった。。。

最初から持って行かれた。演出的も華やかだったし、ほんとにディズニーに居るみたいだった。

LET IT GO しか知らなかったけど、関係ないね。

もっと聴きたいと思った。

 

 

TOMMYは完璧ハロウィン。

本当は彼女くらいハロウィンソング作らないと僕等はハロウィンなんてやっちゃいけないんじゃないかなって毎回思う。

とてもそこまで曲作れないんだけど。それくらいハロウィンだ。

自由な彼女のあつかいも随分なれてきた笑

 

 

乃木坂

撮影現場行ったら本当に天使かと思った。

でも一番はリハーサルの時にみんな素顔だったのが幼くて今思うと一番天使だった。

全部良い曲! 明るい曲もなんかせつない。 秋元さんて天才だと思う。

 

 

シド

前回は段ボールで作ったレベルの仮装の人も居たけど、今回は違った笑

まさかマオがマリオになるなんて予想もしなかった。

案外出来る人なんだな笑

シドはなんか少年っぽい印象がずっとある。

10周年らしいけど、「俺の後輩だよ」って、自慢出来るバンドになった。

 

さーて残り神戸を脅かしてくるぜ。