VAMPS LIVE 2013 – 12.08 NEW YORK

New York.
Also, the final of “VAMPS LIVE 2013” will be celebrated here.

They came here from Los Angeles to New York, the two VAMPS.
Even while shivering in the cold of New York, [they] will be busy the next day.
1208_01
In the evening, delicious white wine and oysters [for dinner]!
Toward the final, we will arrive with energy!
1208_02
Speaking of New York, New York in December is decorated with Christmas decorations.
[It’s the first time} coming to New York this season.
They went to Bryant Park near Times Square.
“Say cheese!” and [they took a photo] in front of the Christmas tree. It’s cold, but wonderful.
1208_03
The evening of the next day marked the birthday of Arly.
They held a surprise party for him.

As a birthday present to him, HYDE bought Arly a snowboarding top, while K.A.Z got him the snowboarding bottom. These items were bought in LA.

Congratulations Arly!
Yes, it is from New York.
I tried to say it in English.
1208_04
And the final of the tour was greeted with the New York performance.

Snow, it was so cold on the first day, but the live was to burn through the thickness of the snow.
They were greeted with cheers from the New York BLOODSUCKERS.
The excitement continued right up until the end.
At the end of the live, HYDE shouted, “Thank you! I’ll be back!”

 

1208_05
Seems longer, but “VAMPS LIVE 2013” was over in the blink of an eye.
All the BLOODSUCKERS who came, thank you very much.
And all the BLOODSUCKERS who couldn’t come, please come by all means next time.

Until next year, take care.
Wash your neck, but please [keep] waiting!

 

———————————-

Original Text:

ニューヨークです。
“VAMPS LIVE 2013”も
ついに、ここニューヨークでファイナルを迎えます。

ロサンゼルスからニューヨークへやってきた
VAMPSのふたり。
ニューヨークの寒さに震えつつも、
翌日はひたすら取材に追われる
ふたりなのでした。
[pic 1]
で、夜は美味しい白ワインとオイスターで乾杯!
ツアー・ファイナルに向けて、
精力つけちゃいます!

 

[pic 2]
12月のニューヨークと言えば、
街はクリスマスムード一色。
こんな季節にニューヨークに来ることなんて
早々ないですからね。
そりゃ、行きますよね。
タイムズスクエアの近くにあるブライアントパークの
クリスマスツリーの前で「はい、チーズ!」
寒いけど、素敵です。

 

[pic 3]
翌日の夜は、24時にアーリーのバースデーを迎えるということで、
アーリーにはサプライズで
バースデー・パーティーを開きました。

アーリーへのバースデー・プレゼントは、
HYDEからはスノボウエアの上、
K.A.Zからはスノボウエアの下、
ふたり合わせて、スノボウエアの上下セット!
ロサンゼルスで買っていたのは
これだったんですねー。

コングラッチュレーション・アーリー!
はい、ニューヨークですからね。
英語で言ってみました。

 

[pic 4]
そして迎えた、ニューヨーク公演。
ついに迎えたツアー・ファイナルです。

当日は雪が降る、寒〜い1日でしたが、
ライヴは雪も溶かしてしまうほどのアツさ!
ニューヨークBLOODSUCKERSの
すごい歓声に迎えられ、
大興奮のツアー・ファイナルを迎えたのでありました。
そして、ライヴ終了後、
「Thank you! I’ll be back!」
と叫ぶHYDEでありました。
[pic 5]
長かったようで、あっという間だった“VAMPS LIVE 2013”。
来てくれたBLOODSUCKERSのみなさん、
本当にありがとうございました。
そして、来られなかったBLOODSUCKERSのみなさん、
次は是非お越しくださいね。

それでは、また来年お会いする日まで。
首洗って、待っていてくださいねー!

VAMPS LIVE 2013 – 12.04 LOS ANGELES

Los Angeles.
The end of “VAMPS LIVE 2013” marks the start of the U.S. tour.

Speaking of the United States, the first thing [to do] is [eat] a hamburger afterall.
With that said, for lunch on the day they arrived in Los Angeles they went to [go] eat a hamburger together.
This shop has ingredients for one to be able to select in order to make their own hamburger.*
HYDE, who declined to eat carbohydrates, had a burger without buns.
So it was served with meat and vegetables without the buns and served in front of [him], “Itadakimasu!”**
[He] took a picture with [his] iPhone.

*NOTE: The name of the restuarant they ate at is called “The Counter.” It’s a trendy burger place in the LA area and there are several locations. The one HYDE and KAZ ate at is on Sunset Strip, not too far from the venue.

**NOTE: “Itadakimasu” is often said before eating and literally means “I’ll accept this meal.”

 

1204_01
After that, there is an interview of the band members.
HYDE and K.A.Z went and bought a birthday present for Arly in the city.
The “gift of love” was found near three restaurants.
What they bought will be presented in New York.
1204_02
HYDE and K.A.Z told a “white lie” at dinner with everyone all together.
After dinner, they stopped by the venue they’re performing at tomorrow, the “House of Blues.”
“Click” [they took a photo] of their name written on the board!
[Since] there was a bar next to the venue, they went drinking.
1204_03
So, the next day was the day of rehearsal and they were hungover!
….HYDE is quite sleepy, but not because of jet lag.
Although it’s common to get jet lag on an overseas tour, not HYDE and K.A.Z this time.
Though by evening the look of sleep was painful.
1204_04
The jet lag set in and hit VAMPS hard.
Eyes were completely dull at night and weary from the jet lag.
But, they will go out for a drink tonight afterall.

JIN played the piano in the bar that night and HYDE sang “SWEET DREAMS.”
It became a special night and HYDE said, “JIN-chan playing the piano so seriously was seen for the first time.”
1204_05
Despite the jet lag, the live ended with a tremendous climax.
The BLOODSUCKERS in Los Angeles filled the venue and were fascinated by VAMPS’ rock music.
It was a hot night.
1204_06
——————————

Original Text:
ロサンゼルスです。
“VAMPS LIVE 2013”もいよいよ終盤。
最後の地となるアメリカ・ツアーの始まりです。

アメリカと言えば、まずはこれ!
やっぱりハンバーガーでしょー。
ということで、ロサンゼルスに着いたその日のランチは
みんなでハンバーガーを食べに行きました。

このお店は自分でハンバーガーに挟む具材や
ソースをセレクトできるとあって、
みなさん思い思いのハンバーガーを作ります。
炭水化物を控えているHYDEは
バンズなしです。
って、それハンバーグの野菜添えじゃーん!
と軽く吠えたところで、「いただきまーす!」の前に
iPhoneでパシャリ!

 

[pic 1]
その後、バンドメンバーには取材だと嘘をつき(!)
HYDEとK.A.Zは、もうじきやって来る
アーリーのバースデー・プレゼントを買いに
街へと繰り出しました。
3軒回って、やっと見つけたという愛情たっぷりのプレゼント。
一体何をプレゼントしたのかは、
ニューヨークでのお・た・の・し・み!

 

[pic 2]
そんな優しい嘘をついたHYDEとK.A.Zではありますが、
夜はもちろんみんな揃ってディーナータイム。
さらに、ディナーが終わると、
明日のライヴ会場である「House of Blues」へ行って、
自分たちの名前が書かれたインフォメーションボードをパシャリ!
って、実は、会場の隣にあるバーで
飲んでいたのでありまーす。
[pic 3]
ということで、翌日のリハーサルは二日酔いでダウン!
……ではなく、時差ボケで
かなり眠そうなHYDE。
海外ツアーには付きものの時差ボケですが、
今回はHYDEもK.A.Zも
夕方になると眠そうで本当につらそうでした。
[pic 4]
そんな時差ボケでつらそうな
VAMPS御一行様ではありますが、
夜になるとすっかり目が冴えてしまうのが
これまた時差ボケのつらいところ。
とくれば、やっぱり今日も飲みに行っちゃいますよねー。

この日はバーにあったピアノをJINさんが弾き始め、
HYDEが「SWEET DREAMS」を歌うという
なんともスペシャルな夜になったのですが、
HYDE曰く、
「こんな真剣にピアノを弾いてるJINちゃんは初めてみた」
ということです。
[pic 5]
そんな時差ボケもつらそうなVAMPS御一行様ではありますが、
ライヴはすさまじい盛り上がり。
会場を埋め尽くしたロサンゼルスのBLOODSUCKERSを前に
VAMPSのロックを魅せつけた
熱い夜となりました。

VAMPS LIVE 2013 – 10.07 LONDON

London.
[The] European tour has reached its final destination.

Prior to the live in London, [VAMPS] have done a number of interviews and shooting in London.

[The] two men visited an interview location, and it happened to be the studio where VAMPS did the mastering of their best-of album, “SEX BLOOD ROCK N’ ROLL” album that was released worldwide in September.

The studio was a renovated power plant and has a number of studios that makes it look like a maze.
Here on the wall are photos of artists that have recorded here.
With that said, “click!”
[He] is really a rock boy.

 

1007_01
Because his physical condition is not normal, HYDE is chillin’ on the couch.

 

1007_02
However!
Since it’s such a nice location, it’d be a waste to just sit around and chill!
So, even with HYDE’s condition, they are doing cool photo shoots.
There has been much trouble in London.*
At any rate, [he] took a picture for a newsletter anyway.
This [is] [HYDE’s] inability to relax.

*NOTE: The author is referring to the fact that HYDE had arrived in London already feeling ill.

 

1007_03
HYDE finished the photo shoots despite not feeling well.
After dinner, [they] had a little extra time, so HYDE took a short trip to Hyde Park…
[HYDE] faces his unbearable situation while broadly grinning.
[He] took a picture of himself.

 

1007_04

 

But, in fact, it’s here!
[HYDE] discovered a park next to Hyde Park!
“But, [the] landscape in the background of the photo is Hyde Park.”
….And, HYDE.
With that said, [HYDE] took a [photo] in Hyde Park, a dream since it had been a while since he’d been here. (*Tear*)

And in London, an unexpected event [occurred].
Everyone was worried about HYDE’s condition [with his throat], and so the first performance in London was canceled.
Dear BLOODSUCKERS who had been looking forward to [the live], we are terribly sorry.

Of course for HYDE, K.A.Z, and the band members, it was really a painful decision.
The second day of the show in London marked the final day of the European tour.
And as such, the feelings were that it was a hot, memorable [live].

 

1007_05

 

And so, the European tour ended with various events that had occurred.
Now, it’s time for a short break….
And then, the VAMPS party will continue on towards the HALLOWEEN PARTY!

 

——————————

Original Text:
ロンドンです。
ヨーロッパ・ツアーもいよいよ最終地です。

ライヴ本番の日まで、
ロンドンではいくつもの取材や撮影が行われました。

ふたりが取材場所で訪れたのは、
9月に全世界でリリースされた
VAMPSのベスト盤でありながら、世界デビュー盤であるアルバム
『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』のマスタリングを行ったスタジオ。

発電所をリノベーションして造られたこのスタジオは
まるで迷路のようにいくつものスタジオがあり、
壁には、ここでレコーディングを行ったアーティストの写真が
ズラリと並んでいます。
ということで、パチリ!
すっかりロック少年です。

 

[pic 1]
HYDEは体調が本調子ではないため、
ソファでまったりしております。
[pic 2]
しかーし!
こんなステキなロケーションの中にいて、
ただまったりしているなんてもったいない!
ということで、HYDEの体調を気遣いつつも、
撮影やっちゃいまーす。
カッコいい写真、いただいちゃいまーす。
せっかくロンドンまで来たんですからね。
会報用とか、アレ用とかコレ用とか、
とにかく撮っちゃいまーす。
貧乏性でーす。
[pic 3]
そして、すべての取材と撮影を
本調子でないにも関わらず、きちんとやり遂げたHYDE。
夕食への移動中、少し時間があったので
ハイドパークへ立ち寄ることに。
HYDEとハイドパーク……。
顔がニヤけてしまうほど、たまらないシチュエーションであります。
ということで、HYDEも自撮りでパチリ。

 

[pic 4]

 

ではありますが、じつはここ!
ハイドパークの隣の公園ということが発覚!
「でも、写真に写ってる後ろの風景は
ハイドパークだから」
……と、HYDE。
ということで、HYDEとハイドパークで撮影、
という夢は微妙な結果となり、
HYDEとハイドパークをバックに撮影、
となったのでありました(涙)。

そして、ここロンドンで起こってしまった
予期せぬ出来事。
みなさんすでにご存知&とても心配されたことと思いますが、
HYDEの喉の不調により
ロンドン1日目の公演が中止になってしまったのです。
楽しみにしていてくれたBLOODSUCKERSのみなさん、
本当に申し訳ありませんでした。

HYDEはもちろん、K.A.Zもバンドメンバーも
本当に苦しい決断だったとは思いますが、
ヨーロッパ・ツアー最終日となった
ロンドン2日目の公演は、
そんな想いまでも詰め込まれた
記憶に残るような熱いライヴとなりました。

 

[pic 5]
ということで、様々な出来事が起こったヨーロッパ・ツアーも終了。
ちょっとひと休み……なんてしてる暇もなく、
VAMPSご一行様は、
HALLOWEEN PARTYに向かって、
走ってまーす!

 

VAMPS LIVE 2013 – 10.03 BERLIN

Berlin.
The third day of the European tour has come in a blink of an eye.

Morning of the day of the live, HYDE and K.A.Z decided to visit the Berlin Wall.
Before performing, [they] wanted to visit the country.
While the cold wind blows, the two stare quietly at the wall.

And then it’s off to the venue KESSELHAUS that consists of concrete floor and brick, not a usual atmosphere for a live house.
[They] settle down in the dressing room and it’s much too calm, [and they almost] doze off.
1003_01
Therefore, don’t fall asleep!
Now, rehearsal, yo!

During rehearsal and since the start of the tour in Germany, HYDE became sick.
His condition appears to be bad as his throat is sore and it’s difficult to talk.
Usually, in cases like this it’s not that bad, but it is very worrisome since HYDE can barely speak.
1003_02
However.
In order to stay healthy and enliven the spirit, [HYDE] will fortify himself with a meal!
The hot meal [today] is a delicious dish of Central Europe!
Cuisine, townscape, character, are all comfortable for a Japanese person in Germany.*
[The] personality of German people are shy and gentle, which is similar to that of English and Japanese people, so it was easy to [feel comfortable] in the city.

*NOTE: The author is basically saying that the vibe and the people of Germany makes it easy for a Japanese person to feel comfortable.
1003_03
And from all the BLOODSUCKERS in Berlin comes various presents in the dressing room.
Inside [this box] is a nice cake!
Love is jam-packed.
1003_04
The live today [began] and although HYDE’s voice was not in normal condition, Berlin BLOODSUCKERS had enjoyed the live [in their] own way and it was an impressive live to feel the oneness of the venue and [the people].

 

1003_05
With that said, the night ended with great enthusiasm in Berlin!

However, VAMPS will be hit with unforseen circumstances in London.
Really, will this be the end of the European tour?

Now, London you’re next!

 

1003_06
———————————-
Original Text:

ベルリンです。
ヨーロッパ・ツアー3ヵ所目です。

ライヴ当日の朝、
HYDEとK.A.Zは、ベルリンの壁を見に行くことに。
やはりライヴで演奏する前に
この国のことを少しでも感じておきたいのでしょうか。
冷たい風が吹く中、
静かにゆっくりと壁を見つめるふたりでありました。

そして、そのまま会場へ。
ここKESSELHAUSの会場は
レンガ造りでフロアはコンクリート打ちっぱなしという、
なんとも雰囲気のあるライヴハウス。
楽屋にいると、なんだか落ち着きます。
落ち着きすぎて、ついうとうとしちゃいます。

 

[pic 1]
って、うとうとしている場合ではありませーん!
さあ、リハーサルですよー!

さて、リハーサルではありますが、
ドイツに入ってから、体調を崩していたHYDE。
喉の調子が悪く、声が出にくいようで、
歌う姿はかなりつらそうな様子。
普段、喉が強く、あまり声が出ないことがないので
その姿を見ているだけで、とても心配になります。

 

[pic 2]

 

しかーし。
ここはひとつ元気を出さねばと、リハーサル後は腹ごしらえ!
ホットミールには中欧の料理が並んでいたのですが、
これが美味しいのなんのって!
料理も◎、街並みも◎、人柄も◎、と、
ドイツはとにかくすべてが日本人には快適なものばかり。
はにかみ屋で優しいドイツ人の人柄は
どこか日本人にも似ていて、
とても過ごしやすい街でありました。

 

[pic 3]

 

そして、楽屋にはベルリンBLOODSUCKERSのみなさんから
色々なプレゼントが届きます。
中には、こんなステキなケーキも!
愛情が詰まっておりまーす。

 

[pic 4]

 

さて、この日のライヴ。
HYDEの喉は本調子ではなかったものの、
ベルリンBLOODSUCKERSが
思い思いに楽しんでくれていたのがなんとも印象的で
会場の一体感を感じるライヴとなりました。

 

[pic 5]
ということで、ベルリンも大熱狂の夜となりましたー!

が、しかーし。
ロンドンでは予期せぬ事態に襲われることとなったVAMPS御一行様。
果たして、ヨーロッパ・ツアーの結末は!?

さあ、お次はロンドンに乗り込むぞっ!

 
[pic 6]

VAMPS LIVE 2013 – 10.01 PARIS

Paris.
This is the second date of the European tour.

At the entrance of [the] OLMPIA venue in Paris, there is a big neon sign that says, “VAMPS!”
[Then they] arrive at the venue and the excitement goes up!

1001_01

Well, the dressing room at OLYMPIA is very fashionable!
HYDE looks in the mirror as well as [a picture] is taken.

1001_02

In addition, Ms. オネエ cooked the delicious hot meal where there is a bar and sensual poster set up in the back yard. It’s a really nice space, every nook and corner evoking a “rock” feel.
Big artists [have performed here] in this well-established live house.

In the area with the sensual poster, K.A.Z was asked to sign a guitar that will be used to decorate the bar.

1001_03

However! There is a trap to cover the metal fittings near the portion of the neck that is autographed. These metal fittings hidden inside are to support the guitar!
If you plan to visit here, please take a careful look at the decorated walls of the bar.

With that said, K.A.Z suddenly dropped the trap in the wrap-around bar where the sensual poster was set up and was bummed [out about it], but [other than that], the rehearsal went peacefully today.
And yet, delicate, sometimes boldly.
Yes, it’s a little exaggerated.

1001_04

Well, from bouquets of roses arrived from the BLOODSUCKERS like how they always do in Japan.
All the Paris BLOODSUCKERS brought a lot of roses.
HYDE blew a kiss today and threw rose petals!
Hey, throw some to me!
1001_05

Yes. With that said, there was a rampage of excitement from those that surrounded the stage to the second floor seats.
Paris’ performance was raised with excitment.
At the end of the live, HYDE danced and threw rose petals.
The night in Paris is romantic and so the curtain closed.

Now, Berlin you’re next!

1001_06
————————————

Original Text:
パリです。
ヨーロッパ・ツアー2ヵ所目です。

パリの会場となるOLYMPIAの入り口には
こんな大きな“VAMPS”のネオン看板が!
会場に到着するなり
テンションが上がりまーす!

 

[pic 1]

 

さて、ここOLYMPIAの楽屋は
とってもオシャレ!
鏡を見るHYDEも、こんなに絵になりまーす。

 

[pic 2]

 

さらに、ロックなオネエさんが美味しいホットミールを
作ってくれていたり、
バックヤードの中に官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarがあったりと、
隅から隅まで本当にロックな空間となっております。
さすがビッグ・アーティストがこぞって出演する
老舗ライヴハウスです。

で、その官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarのイカしたマスターにサインを頼まれ、
飾ってあったギターにサインをするK.A.Z。

 

[pic 3]

 

しかーし! このギターを壁に飾ると、
ちょうどサインが書かれているネックの部分が
ギターを支える金具に隠れてしまうという罠が!
ここでライヴをする予定のみなさん、
Barの壁に飾ってあるギターを見つけたら、
そっとずらして見てみてくださいね。

ということで、官能的なポスターが
ぐるりと張り巡らされたBarの罠に
がっくりと肩を落としていたK.A.Zではありますが、
リハーサルは本日も真剣に、且つ、和やかに。
それでいて繊細で、時には大胆に。
はい、ちょっと大袈裟ですね。
[pic 4]

 

さて、日本ではいつもBLOODSUCKERSのみなさんから
届いていたバラの花束。
なんと、ここパリでも、
パリBLOODSUCKERSのみなさんから
バラがたくさん届きました。
本日もHYDEは投げキッスとともに
バラの花びらを投げてくれるのかしらー!
投げてくれますよねー!

 

[pic 5]

 

はい。ということで、
2階席にぐるりと囲まれたような客席から
暴れて落ちるんじゃないかと思うくらい
盛り上がったパリ公演。
ライヴ終わりには、HYDEが投げたバラの花びらが舞い、
ロマンチックにパリの夜は
幕を閉じたのでありました。

さあ、お次はベルリンに乗り込むぞっ!

[pic 6]

VAMPS LIVE 2013 – 09.28 BARCELONA

Barcelona.
The European tour has finally started!

After the ZEPP tour finished, [VAMPS] boarded a plane a few days later,
[and] zipped off to Barcelona! VAMPS party flew.

[They] arrived in Barcelona at night.
The next day there was rehearsal at the live house.
Although [it’s not the day of the live], it will take a long time to set up the equipment.
VAMPS’ tourist activities are short-lived.
Riding in the car while admiring the view….

 

0928_01

 

“Ah! It is not here!?”
….[HYDE] shouted from inside the car.

 

0928_02

 

[A place] they couldn’t visit [during] the last tour,
[so] they’re relaxing like tourists at Guell Park.

 

0928_03

 

….Although there is still one day before the live, members were desperate to [use] their instruments.
They contacted the staff and before they rehearsed and waited impatiently [for them] to set up.

[They finished] setting up early and VAMPS arrived at the live house in order to rehearse.
As they arrived, HYDE began playing his guitar near the brick wall outside and practiced singing.

 

0928_04

 

Hey, it’s near!
[He’s] so close to the wall!

HYDE stayed here until rehearsal began.
In order to get comfortable with the English lyrics, time and time again, HYDE had to practice.

And [finally], day of the live.
Dear Barcelona BLOODSUCKERS you were [all] looking forward to [this] large boisterous dance frenzy!
The curtain closed on the live for the [first] European show and it was a great success.

Now, Paris it’s your turn!

 

0928_05

 

————————————
Original Text:

バルセロナです。
いよいよヨーロッパ・ツアーがスタートしました!

ZEPPツアーを終え、
その数日後には飛行機に乗って、
バルセロナへビューン! と、ひとっ飛びのVAMPS御一行様。

夜にバルセロナに到着し、
翌日は、ライヴハウスを借りてのリハーサル。
ではありますが、
機材のセッティングに時間がかかるため、
VAMPS御一行様は、束の間のバルセロナ観光へ出かけました。
車に乗って、景色を眺めつつ……。

 

[pic 1]

 

「あ! ここなんじゃないの!?」
なんて車の中から叫びつつ……。

 
[pic 2]

 

前回のツアーでは来られなかった
グエル公園でのんびり観光です。

 

[pic 3]
……ではありますが、
やはりライヴ前日ということで
メンバーは楽器が触りたくてたまらない様子。
何度もリハーサル場所にいるスタッフに連絡を取り、
セッティングが出来るのを待ちわびておりました。

ということで、観光も早々に終え、
リハーサルを行うライヴハウスに到着したVAMPS御一行様。
到着すると、各々に楽器を鳴らしはじめ、
HYDEは入り口横のレンガ壁に向かって
ひたすらギターを弾きながら、
歌の練習をしています。

 

[pic 4]
って、近っ!
壁、目の前です!

この後も、リハーサルが始まるまで
ひたすらここで歌い続けていたHYDE。
英語の歌詞とギターを体に染み込ませるよう、
繰り返し繰り返し
練習するHYDEなのでした。

そして、ライヴ当日。
待ちわびていたバルセロナBLOODSUCKERSのみなさんは
狂喜乱舞の大熱狂!
ヨーロッパ・ツアー1本目のライヴは、
大盛況のうちに幕を閉じたのでありました。

さあ、お次はパリに乗り込むぞっ!
[pic 5]

 

 

VAMPS LIVE 2013 – 09.23 ZEPP SAPPORO – Day 2

[Today] is the second day of ZEPP SAPPORO.
This is the final [show] of the domestic ZEPP tour.

[HYDE] got off the car in front of the venue today and walked in front of the BLOODSUCKERS.

However, as you already know, since ZEPP SAPPORO is near a residential area, fans cannot shout the names of the members out loud.
So, everyone came with signs!
“Look right!”
“Remove [your] sunglasses!”
“Chu and wave!”
These signs had messages of requests like that.

 

0923_01

 

In the dressing room after he arrived, K.A.Z opened presents from BLOODSUCKERS.

 

0923_02

 

In the corridor, a large banner is displayed from fans around the world.
Love from BLOODSUCKERS all around the world.
[They] are looking forward to the world tour~.

 

0923_03

 

Even though there is only two days of Sapporo, the dressing room is packed with lots of love from Sapporo BLOODSUCKERS.
HYDE chooses his favorite two photos and puts them up himself.
Of course, the selection criteria is “erotic photos [have] top priority!”

 

0923_04

 

Rehearsals now.
Even though it’s the last day in Japan, [changes] are made to the tempo of the song, the connection part of the songs is fixed, [etc].
[Corrections] are far from over.

 

0923_05

 

During the live today, HYDE wore a new costume today.
If you look closely, K.A.Z also wore a new costume.
[They] are good friends.
“The two are in sync, [they] both got new costumes today!”
The….oh my god…we never say that, sorry.

 

0923_06
“[We] will come back, so I’ll wait for your mouths & wash your necks until then!”
HYDE said and the live wrapped up.

With that said, the next journey is the world tour.
Even in this diary, [we’ll] be chasing them of course!
WANTED! Exciting journey!

 

—————————————-

Original Text:

ZEPP SAPPORO 2日目です。
国内ZEPPツアーのファイナルです。

本日も会場の近くで車を降りて、
BLOODSUCKERSのみなさんの前を歩いて
会場入りするVAMPS御一行様。

しかし、みなさんすでにご存知のように
ここZEPP SAPPOROは住宅街の近くにあるので
会場の入りや出のときに、
大声を出してメンバーの名前を叫ぶことはできません。
ということで、みなさん考えついたのがメッセージカード!
「頭ヨシヨシして!」
「サングラス外して!」
「投げチューして!」
というような、メッセージというよりも
むしろリクエスト……いや、懇願が並びます。

 

[pic 1]
楽屋では、BLOODSUCKERSのみなさんから届いた
プレゼントを開けていたK.A.Z。
[pic 2]
廊下には、ビッグサイズでワールドワイドな
こんな寄せ書きも貼られています。
世界各国のBLOODSUCKERSの愛が
た〜っぷりと詰まっています。
ワールドツアーも楽しみですね〜。
[pic 3]
さて、たった2日間の札幌ではありますが、
楽屋には、これまた札幌BLOODSUCKERSからの
たくさんの愛で埋め尽くされています。
ということで、HYDEもお気に入りの写真を
自ら貼っています。
もちろんセレクト基準は「エロ写真最優先!」です。

 

[pic 4]

 

さて、リハーサル。
国内最終日だというのに、
曲のテンポを変えてみたり、
曲と曲とのつなぎ部分を変えてみたりと、
まだまだ試行錯誤は続きます。

 

[pic 5]
ライヴでは、本日もおニューの衣装だったHYDE。
ん? よく見ると、K.A.Zもおニューの衣装ですね。
仲良しですね。
「今日はふたり揃って、おニューの衣装にしようね!」
……なんてことは、決して言ってませんので
あしからず。

 
[pic 6]

 

「また帰ってくるから。
それまで首洗って待ってろよ!」
とライヴを締めくくったHYDE。

ということで、お次はいよいよワールドツアーへと旅立ちます。
このDiaryでも、もちろん追っかけますからねー!
求む! 珍道中!!