VAMPS LIVE XIV – XV | 01.14.15 ZEPP TOKYO [UN-TRANSLATED]

2015.01.14 「ZEPP TOKYO 4日目」

ZEPP TOKYO 4日目です。
さあ、本日も楽屋を覗いてみますよ〜。
と、楽屋に入ってみると、
HYDEが興味深そうに覗いていたのは
プレゼントで届いていた食玩。
ではありますが、なんとこの食玩、
携帯電話からYouTubeに接続して
プロジェクションマッピングが見られるというもの。
時代ってすごいですね〜。
ということで、HYDEも夢中になって見ています。

 

1

 

 

続いて、Ju-kenも……。
夢中過ぎて、
もはや完全に「燃えるゴミ」と化しています。

 

2

 

ということで、
あまりに夢中に見過ぎて疲れたのか
HYDEはホットアイマスクを装着して
ソファで休憩。
3

 

で、疲れが取れたところで、
本日も山盛りの確認ごとが待っています。

こちらは、アリーナツアーの
ステージセットの確認中。
手描きのステージセットのイラストをスタッフに見せつつ、
図面を見ながら、ステージのイメージを膨らませます。
4
お隣の楽屋では
本日もK.A.Zが衣裳を悩み中。
もはやライヴ前の風物詩です。

 

5

 

 

そして、ライヴ直前の楽屋は……
あら、和やかですね。
ライヴがもはや日常のVAMPSの楽屋は
いつも和やかなのであります。
6
ということで、
本日のライヴは「MIDNIGHT CELEBRATION」でスタート!
「外は寒いけど、ここはアツいね」
とHYDEも言うほど
ぎゅうぎゅうのフロアは
凄まじい熱気に包まれていたのでありました。

 

7

Advertisements

VAMPS LIVE XIV – XV | 01.13.15 ZEPP TOKYO [UN-TRANSLATED]

2015.01.13 「ZEPP TOKYO 3日目」

ZEPP TOKYO 3日目です。
籠城3日目ともなると、
BLOODSUCKERSのみなさんから届いた
イラストや写真やプリクラで
楽屋の壁は埋め尽くされてきます。
はい、大作が並んでますね〜。

 

1

 

 

みなさん、本当に絵がお上手!
たま〜に
「HYDEって、こんなに鼻の下が長かったっけ?」
とか
「K.A.Zって、こんなに目がまんまるだっけ?」
とか
「アーリーすごいことになってんな……」
なんてものもありますが、
個性的な作品に
メンバーみんなで楽しませていただいております。

さて、楽屋では本日もHYDEがデザインを確認
……と思って見てみると、
どうやらギターのデザインを考えているようです。

 

2

 
なんか……カッコいいですね。
名付けて、「ゴシックローズ&エンジェル」!

はい、本日も軽〜く嘘ついちゃいました。
すみません。

で、その横ではギターを弾いているK.A.Z。
名付けて、「ブラックベスト&K.A.Z」!

 

3

 

 

はい、軽〜くふざけちゃいました。
K.A.Zファンのみなさま、すみません。

ということで、本日もあっという間に
本番のお時間です。

ライヴ直前になると
ストレッチを始めるVAMPSのみなさん。
K.A.Zは足をえいっ! と勢いよく蹴りだすと
なんと上に伸ばしている手までびゅんっと上がります。

 

4

 

 

ということで、「はい、本番!」。

 

5

 

集合写真を撮って、気合が入ったところで
ライヴ・スタートです。

本日もフロアはカオス状態で
ライヴハウスとは思えないほどの
LEDとレーザーで
圧倒のライヴなのでありました。
6

VAMPS LIVE XIV – XV | 01.11.15 ZEPP TOKYO [UN-TRANSLATED]

2015.01.11 「ZEPP TOKYO 2日目」

ZEPP TOKYO 2日目です。

本日も快晴の東京。
ツアートラックの「VAMPS籠城中」の文字も
なんだか輝いて見えますね。

1

ということで、本日も籠城中のHYDEは
会場に入るなり、
スタッフと2015年の活動についての打ち合わせをしたり
アリーナツアーのグッズのデザイン確認をしたりと、
大忙しであります。

2

K.A.Zは、ギターを弾いていると割れてしまう
爪のお手入れをしたり、
お手入れが終わったかと思うと
ギターを弾いてみたり。

3

そして、BLOODSUCKERSのみなさんから
たくさん届いているプレゼントの中から
こんなカエルさんを発見!
4
はい、2015年のK.A.Zも
たくさんのカエルさんに囲まれそうな予感ですね。

リハーサル後の楽屋では
Ju-kenとJINがコーラスの練習中。
HYDEがアドバイスをすると、
JINは飛躍的に上達です。
さすが、ボーカリストです!
さすが、HYDEです!

5

さて、コーラスの練習をしていると
興味津々に近づいてきたのは、アーリー。
Ju-kenとJINが
「あーーーーーー!」
と大声で練習していると、
「あ〜〜〜〜〜、おさむちゃんでーす!」
と、「ひょうきん族」世代にはたまらない雄叫びを上げるアーリー。
6
はい、本番ではコーラスがなくて
よかったですね。

この日のライヴは「DAMNED」でスタート。
狂気的な「MADE IN HEAVEN」、
激しいリフで狂喜乱舞となった「LIVE WIRE」と、
迫力のライヴとなりました。
7

VAMPS LIVE XIV – XV | 01.10.15 ZEPP TOKYO [UN-TRANSLATED]

2015.01.10 「ZEPP TOKYO 1日目」

ZEPP TOKYO 1日目です。

VAMPSの2015年がスタートです。
ということで、
HYDEもBLOODSUCKERSのみなさんにご挨拶。
「明けましておめでと〜!」(ペコリ)

 

1

 

 

本日、一番乗りで会場入りしたHYDE。
じつは、ライヴハウスツアー後に決定している
アリーナツアー「VAMPS LIVE 2015“BLOODSUCKERS”」の
ステージセットや演出をどうするか
スタッフと打ち合わせです。

 

2

 

 

「ステージはここをこうして……」
「照明はLEDを使って……」
「客席はこういうふうに……」
と、HYDEからたくさんのアイデアが出てきます。
なんだかものすごいセットと演出になりそうです。
ライヴハウスとはまた違った
アリーナならではのVAMPSが観られそうです。
今からワクワクです。
2015年も絶好調です!

続いて、K.A.Zが会場入り。
ということで、
K.A.ZもBLOODSUCKERSのみなさんにご挨拶。
「明けましておめでと〜!」(右手をフリフリ)

 
3

 

さて、本日2015年ライヴ始めのVAMPS。
メンバー全員気合……は入っているのですが、
楽屋は今日も和やかです。
携帯電話をiPhone6に買い替えたアーリー。
「ほら、俺のiPhone6どう? カッコいいっしょ!
ここをこうやると……ほら! カッコいいっしょ!」
とHYDEに自慢……。

 

4

 

 

……しているわけではありませんね。

さてさて。
テーブルでは
K.A.Zが何やら映像を観ています。
イヤホンをしているので音が聴こえないのですが、
時折、K.A.Zが吹き出す笑い声が聞こえてきます。

 

5

 

 

じつはこれ、
VAMPARKで上映される映像の最終チェック。
K.A.Z画伯のおもしろ……
いえ、萌え映像も満載ですので
みなさん、ぜひVAMPARKでお楽しみください。

ということで、
2015年一発目のVAMPSのライヴは
新年に相応しい「ZERO」で華々しくスタート!
しかも、VAMPSのホームグラウンド、
ZEPP TOKYOというだけあって、
フロアは初っぱなから凄まじい盛り上がりです。

 

6

 

 

この日は、「HUNTING」も披露され、
VAMPSの“ひつじ年”が幕開けしたのでありました。
はい!
おあとがよろしいようで……。
今年もVAMPS共々よろしくお願いします!

VAMPS LIVE XIV – XV | 12.15.2014 NAMBA HATCH [UN-TRANSLATED]

2014.12.15 「NAMBA HATCH 10日目」

NAMBA HATCH 10日目です。

10日目……ということは!
長いと思っていた大阪公演も
本日で最終日です!

ということで、最終日は歩いて会場入りしたK.A.Z。
「はい、おはよー!」

 

1

 

 

そして、リハーサル前には
ホット・アイマスクでリラックス〜。

 

2
毎日のようにBLOODSUCKERSのみなさんから
このホット・アイマスクが届くので
疲れも吹っ飛びまーす。
これで大阪最終日も元気いっぱいでーす。

ということで、ライヴ直前。
「今日もキメてくるね、フクロウさん」

 
3

 

と言っているかどうかはわかりませんが、
とにかく気合充分のK.A.Zなのでありました。

ライヴのほうは
「MIDNIGHT CELEBRATION」でスタートという、
これまでとはまったく違ったセットリストに驚きつつも
最終日に相応しい盛り上がりとなりました。

 
4

 

最後は、HYDEがバラの花びらを
ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。

 

5

 
そして、ライヴ終了後、
500人以上ものBLOODSUCKERSの
みなさんが待っていてくれたため、
歩いて会場の外に出て、
別れを惜しむVAMPS御一行様なのでした。

 
6

 
2014年のライヴはこれにて終了ではありますが
2015年は、ZEPP TOKYO 10daysが
すぐにスタート。
みなさん、来年もまたみんなで暴れましょうね!
ということで、
BLOODSUCKERSのみなさん、
良いお年をー!

VAMPS LIVE XIV – XV | 12.14.2014 NAMBA HATCH [UN-TRANSLATED]

NAMBA HATCH 9日目

NAMBA HATCH 9日目です。

この日、楽屋に届いていたのは
HYDEのニュー・ギター。
全身真っ黒のHYDEこだわりの1本です。
その名も「ブラック・ヴァンパイア」!

1

はい、軽く嘘ついちゃいました。
ギターに名前なんてつけませんよね〜。
ですよね〜。
失礼いたしました。

そんなこんなで、
本日もあっという間に本番の時間に。
アーリーが足や腕、顔をパンパンと叩き始めると
ライヴ直前の合図です。
パンパン叩いて
体を起こすんだそうです。
ということで、Ju-kenもパンパン……。

 

2

 

 

それは、お尻ペンペンですね。

ということで、
本日もライヴは大阪パワー全開の盛り上がり。
NAMBA HATCHも9日目ということで
会場の雰囲気にもすっかり慣れてきたようです。

 

3

 

 

本日もBLOODSUCKERSが大暴れとなったライヴ。
ということで、
ライヴ終了後は、
汗も乾かぬアーリーの癒やし画像で
お楽しみくださ〜い!
4

VAMPS LIVE XIV – XV | 12.12.2014 NAMBA HATCH [UN-TRANSLATED]

2014.12.12 「NAMBA HATCH 8日目」

NAMBA HATCH 8日目です。
本日はライヴ本番日だというのに
VAMPS御一行様は
朝からユニバーサル・スタジオ・ジャパンへと出かけました。
(注:K.A.Zは別件のため欠席)

ということで、
時間がありませんからね。
早速、念願の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」で
「はい、VAMPS!」

 

img1

 

 

お次は、念願のバタービールで
「はい、泡のヒゲ!」

 

img2

やるよね。
やっちゃいますよね。

で、街並みを楽しんだところで、
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」へGO!
時間がありませんからね。
ということで……。

img3
はい、こうなりますよね。
意外と普通の表情です。

ということで、
何度も言いますが、本日はライヴ本番日。
「まだまだ遊びたい〜!(ジタバタ)」
と、後ろ髪ひかれるHYDEを引きずりながら、
急いで会場に戻りまーす!

……と思ったら、
楽屋では、一人だけお留守番のK.A.Zが
「カモノハシのイコちゃん」を
カッパくんに噛み付かせて
ストレス解消……いえ、
遊んでいたのでありました。
img4
ということで、
USJに行って、元気いっぱいになったHYDEは
本日もライヴで大暴れなのでした。

 

img5